監督ブログBLOG

マクドナルド県大会初戦敗退~監督からありえない発言「今日負けたのは監督の責任じゃないよ」~

小学部監督ブログ

今日は以前も対戦経験のある強豪・光友ヴィクトリー様と初戦で対戦させていただきました。

創部2年半くらいですが、県大会優勝を狙っていました。

でも結果は初戦で豪快に敗退です。

笑いたい人は笑ってください。

笑われても仕方ない。。。

だらしない試合でした。ミスが多すぎて野球になってなかったです。

 

この2週間、一言で書くと、少年野球を超えた、かなり踏み込んだ練習をしました。

バント対策などもかなり時間をかけて練習しました。

少年野球ってスクイズとかセフティーとか多いじゃないですか。。。

 

試合前日も19時まで練習、当日は早朝7時から練習しました。

打撃はかなり良くなり、1番~7番までは誰でもホームランの打てる強力打線を作りました。

投手は5年生エースと6年生の本格派を作り大会初戦に臨みました。

細かい連携もかなり練習しました。

初回にまず1点を先制されましたが、私は全然安心しておりました。

うちの打線ならある程度の投手がきても5~10点は取れると思ってました。

そのくらい、打線を仕上げました。

 

1回裏の福岡チータ小学部の攻撃でノーアウト2塁という場面がありました。

ただ、ここでまずい攻撃がありました。

1アウト2・3塁の場面も作りましたけど、まずい攻撃でした。

結局、1回裏の攻撃が不発に終わり、0-1で2回に入りました。

正直、この時点で雰囲気が悪かったです。

初めての県大会ということもあり、みんな緊張していました。

 

2回表の光友様の攻撃では、フライを落球してしまうミスがありました。

打撃が改善した5年生を思い切って起用したんですけどね。。。

この時点で負けです。

強豪チームと戦う時はエラーや四球が1つでも出ると負けます。

攻撃はちぐはぐ。

守備も総崩れ・・・。

 

0-12だったと思いますけど、コールド負けです。

このスコアだけ見るとかなり撃ち込まれたイメージだと思います。

ただ、本当に綺麗に打たれたヒットは3本くらいなんですよね。

エラー・四球・エラー・連携ミス・エラー・野手選・暴投・ボーク・・・

 

攻撃では打ってファーストまでゆっくり走る6年生。

エラーの後、声を出さない選手。

ベンチ内の控え選手は気が利かない。

目の前のことだけで精一杯の選手。

カウントを間違える選手。

周りが全く見えてない選手。

責任感0の選手。

 

光友ヴィクトリー様は監督を中心に素晴らしいチームでした。

トヨタ杯県大会でも優勝されたと聞いております。

でも・・・福岡チータ小学部の自爆と言った方が正しいと思います。

 

本来であれば「監督の責任で申し訳ない」と書きます。

確かに私の責任が大きいです。

指導方法が悪かったのかもわかりません。

ただ私は試合後のミーティングで監督としてはありえない一言を発言しました。

 

「今日の試合は監督の責任じゃないよ。お前らの責任よ。何のために練習してきたん?相手に全部点を与えとる。」

「声を出すとか全力疾走とか、当たり前やろ!指示する声も出してない」

「ホームランを打って来いなんて指示は1回も出してないよ。打てるようになったからって勘違いするな」

「頭が真っ白になったとか、緊張したとか言い訳よ。高校野球で県大会に行けば観客はたくさんいるし甲子園に行けば3万人とかいるよ。野球に向いてないんじゃないの?」

「6年生の4人はもうちょっと考えないと中学・高校ではベンチにも入れないと思う。よく考えた方が良い。考え方を変えないとダメだ。」

 

というような話をしました。

 

試合後に光友ヴィクトリーの監督をはじめ、首脳陣とお話をさせていただきました。

 

「相手にならなくて申し訳ないです。優勝目指して頑張ってください」

 

と声をかけて、光友ヴィクトリーの監督といろいろお話をさせていただきました。

 

また出直します。

私の指導が悪く、ダラダラとお見苦しい試合を展開してしまいました。

福岡チータ小学部の親御様、関係者の皆さまにお詫び申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました