監督ブログBLOG

福岡チータは選手を1から育てるチームです

小学部監督ブログ

福岡チータは現在18名。

 

「チータさんは上手い子が多いよね」

「大会で上位に食い込んでくるよね」

 

ってたまに相手チームの監督から言われますが、ここで1つ勘違いしてほしくないことがあります。

現時点、18名のうち、試合で使えそうな選手は5~6名くらいだと思います。

親御様には失礼は話ですが、ここではっきり書きました。

 

その5~6名も入部した時から「上手い」という選手は1人もいません。

初心者として入部して11ヶ月が経った現在4年生の選手は今、6年生の試合にレギュラーとして先発出場しております。

半年~1年、福岡チータで一生懸命に練習すれば試合に出てホームランが打てる選手になります。

現時点、福岡チータなら試合に出れるけど、他の少年野球チームなら試合に出してもらえないレベルの選手も正直、多数います。

それでも大会ではベスト8に進出したり、県大会に出場してます。

6年生の試合で2年生とか4年生など、低学年選手を複数出して勝ってるので、福岡チータの選手たちを素直に褒めてやりたいと思います。

今年は6年生が3名しかいないので、低学年をスタメンで3人使ったりしています。

でも、それでも勝っている福岡チータ小学部の選手は素晴らしいと思います。

 

あと、ここで勘違いしてほしくないのは福岡チータは強くするために・・・補強や勧誘など一切してないということ。

トライアウトやセレクションも一切しておりません。

今いるメンバーで優勝することが目標として日々、子供たちは練習に取り組んでおります。

 

監督の方針として、4番バッターでもエースでも横着な子、家庭できちんと教育のできてない子、素行の悪い子、親が柄が悪いとか、社会的常識がない親とか・・・過去に何人も「戦力外通告」してきました。

 

人数が多ければ良いという考えは私には一切なく、数よりも質だといつも言っております。

これまで試合に出れないとか、ピッチャーをさせてもらえないというくだらない理由で退部して移籍するというご家庭も複数ありました。

 

我が子を甘やかすだけの今どきのアホ親。

 

「福岡チータにずっとおれば良い選手になったのに・・・」

「あのアホ親の元に生まれてなければひょっとして良い選手になってたかもわからんのに・・・」

 

と、コーチにつぶやいたこともありました。

目の前のことでいっぱいいっぱいの人って、世の中いるじゃないですか。。。

中長期的プランで考えるという思考がないんですよね。

今、試合に出てないとうちの子供はダメ。

試合に出れないから福岡チータを辞めて他に移籍しよう。

そんな考え方の親が多くなりましたよね。

そんな考えでは高校や大学まで野球をしてスタメンを掴むのは厳しいでしょう。

 

ちょっと気に入らないことがあれば移籍するというのが今の親の考え。

ただ、例外として悪政のチームやちょっとおかしな監督のチームがあるのも事実。

その場合は移籍した方が良かったりしますが。。。

福岡チータでは監督やコーチがキャッチボールもできない子を1から育てております。

そして1年後に試合で活躍できるようになります。

育てる力はコーチのおかげもあり全国屈指だと勝手に思っています。

 

福岡チータは全選手が別々の小学校ということもあり、運動会や学校行事、病気、送迎ができないなどもあり、全員が試合や練習で揃うことはありません。

ベストメンバーで戦うことができない歯がゆい部分はあります。

日によって強い日、弱い日があります。

選手である子供たちは来れない選手の分もみんなでカバーしていつも目の前の試合を一生懸命に戦ってくれています。

 

いつも選手である小学生の子供たちには感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも今いる戦力で目の前の試合を戦ってまいります。

福岡チータ小学部をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました