監督ブログBLOG

低学年戦闘力0⇒60へ 監督本気の低学年練習

小学部監督ブログ

今日は高学年の休みが多かったこともあり、低学年の野球を始めたばかりの選手ばかりの練習でした。

キャッチボールもできない、フライも捕れない声も出ない選手ばかり。。。

人数も少なかったし、お父様やお母様は練習前からダラダラするのでは・・・と心配されたのではないかと思います。

ただ・・・私は燃えていました。

監督・大賀に全て任せてほしい!

俺が必ずこの子たちの全国制覇の夢を叶えてあげるから。。。

 

まず、ベースランニングの仕方やなぜ反時計回りに回るのか。

人間の体の仕組みなどから話をしました。

そして、お父さんやお母さんに挨拶に走って行かせたり、基本的な教育を最初に行いました。

 

「お前たち、根性を叩き直してやる!(笑)」

 

とか言いながらガンガン練習しました(笑)

 

キャッチボールの前にボールの正しい握り方や捕球に大事なことなど話をしました。

ボールの握り方も何種類も教えました。

こんなのは創部の時以来ですかね。。。

でも、みんな今日は目を輝かせて話を聞いてくれました。

 

ある選手のお父さまから練習前に「最近、うちの子の投げ方が悪くなってる」とのご相談がありましたのでその選手にはみっちりと投げ方など指導しました。

こういう相談は大歓迎です!

福岡チータは「誰でもどこでも守れるように」ということで創部時から適材適所はもちろん、経験も兼ねていろいろ守らせます。

内野守備練習の前には捕球姿勢や股関節の運動など基礎練習をしました。

そして、ダイビングキャッチの種類や方法、足の出し方からステップまでいろいろ指導いたしました。

 

成果はすぐに出ました。

入部間もない選手ばかりで野球初心者ばかりですが、内野守備ではみんな綺麗に捕球ができるようになり、遊撃手をした2年生は高学年に近い動きをしてくれました。

全員がファーストまでノーバンで送球できるようになりました。

そして低学年を時より集めていろいろな話をして意識改革も行いました。

内野ノックではみんなで声を出してみんなで励まし合いながら楽しくノックを受けていました。

選手である子供たちの変わりようにお父様もお母様も笑顔が消えて真剣な表情で我が子を見守っていらっしゃいました。

 

外野ノックでは2年生の野球初心者Y君(レフト)は監督が打った大飛球を捕球できるようになり、こちらも野球初心者の3年生K君(ライト)はライトでダイビングキャッチを試みたり、体を張ってユニフォームを真っ黒にしながらボールを止めてくれていました。

意識改革と厳しい練習の成果がすぐに出ました。

みんな気持ちが強くなり、男らしくなったような気がしました。

 

実は私、来年に向けてもう一度、強い福岡チータを作りたいと思って昨晩からいろいろ自分なりに考えてました。

練習メニューもいろいろ工夫しました。

背走の練習など、小学生ではあまりしない練習もかなりしました。

練習をお手伝いされていた野球が大好きなお父様方から自然と

 

「なんか今日、みんなめっちゃ上手くなりましたよね」

「普通にみんな上手いですよね」

「今日は雰囲気が非常に良いですね」

 

というお声をいただきました。

私はお父様の前で

 

「来年は低学年大会に出ます。このメンバーでも十分優勝できる。あと2ヶ月したらもっと上手になると思うしこの子たちが高学年になった時は全国が獲れる。野球というスポーツは・・・」

 

と話をしました。

詳細は書かないですよ。

私の野球観というか、強くする方法なので非公開です(笑)

 

また、今日は小学生と中学生の子が体験に来られていて、そのお母様からも

 

「さっき、お母さんたちとお話をさせていただきましたけど、まだ入部して2ヶ月の子とかですよね?皆さんすごく上手くてビックリしました。感激でした。」

 

というお声をいただきました。

 

今日はなんか、柏原中央公園全体がすごく良い雰囲気というか、なんか神がかってました。

練習を見守っていた低学年のお母様方からはダイビングキャッチをした選手に大きな拍手が自然と出て、レフトで大飛球を捕球した2年生の選手にも大きな歓声と拍手が響いておりました。

選手である子供たちの変わりようと頑張り、お母様方からの大歓声、お父様からの大きな励ましの声。。。

ノックをしていて私は鳥肌が立ちました。

 

来期に向けて捕手を任された4年生のT君は2塁までノーバンで弾丸送球ができるようになりました。

5年生の正捕手K君も投げ方が修正されてこちらも9割の盗塁を刺せるようになりました。

そして走塁練習では盗塁や帰塁、ピッチャーへのプレッシャーのかけ方、サインプレーやトリックプレーなど、今日はいろいろ詰め込みました。

 

象徴的だったのは練習が終わって私がグランドから出た時

 

「今日、みんな上手になってましたね」

「観ていて楽しかったし自分の息子が頑張ってるのを見ると・・・」

「短時間でみんな上手くなりましたね」

「今日はみんなよく声を出していましたよね」

 

など、自然と保護者の輪ができていろいろと話しかけてくださいました。

低学年の戦闘力はほぼ0でしたが、今日1日で60まで上がったように感じました。

このまま成長すると来年、低学年はかなりやってくれるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました