監督ブログBLOG

情報量が多すぎるのは選手にとってマイナス~親が口を出さないのが一番の良い指導~

小学部監督ブログ
草野球場に…デーブ大久保がいた。バッティングを教えてくれました。

 

たまたま、今日、とくさんTVを観てたら大久保さんが出てました。

大久保さんが私が小学部の指導をしだして約3年、今までずっと感じていたことをおっしゃってました。

このYouTubeを観て共感できました。

 

それは・・・

少年野球や中学野球であるのがコーチが指導する、お父さんが指導する、野球塾で指導される。。。

そして、YouTubeでは元プロの選手はこうやって言う。。。

いろいろな人がコーチングします。

今はそんな時代です。

野球チームにも入り、野球塾に行き、また別の野球教室にも行く・・・という親子がいるのは事実。

でも・・・私、個人的な考えですが、それって間違っているというか、どこか1つに絞った方が子供は伸びると思うんですよね。

いろいろな人がいろいろなことを言うから子供が迷うんですよね。

福岡チータは野球塾などは禁止しております。

野球塾が悪いという意味ではないですよ。

野球塾があることは素晴らしいことだと思っていますので。

今はスマホの普及もあり、YouTubeもあるため、ある意味、便利な世の中でもありつつも、情報が溢れかえっている、あふれ過ぎている時代でもあると思っています。

 

過去、福岡チータに3つの学習塾を掛け持ちしているというご家庭がありました。

世間話の中で親御さんが子供の成績が伸びないとおっしゃっていたので私が一言。

 

「学習塾を1つに絞った方が絶対に良いですよ」

 

その後、どうしたかはわかりませんが。。。

 

いろいろな人がいろいろな指導をするから打てなかったり、上手く守れなかったり、ピッチャーとして調子が悪くなったり。。。

私は過去、ある子供のお父さんに言ったことがあります。

 

「〇〇さん、息子さん、いろいろな意見を取り入れすぎているからピッチングがどんどんダメになってる。最初のように私が言うことなら私が言うことを聞いた方が良いし、逆に、YouTubeで言うことやお父さんの考えで指導するなら、そっちを優先した方が絶対に良いと思うんです。私の指導もお父さんの指導も間違ってはないと思いますけど、あまりいろいろな人の意見を聞きすぎると頭でっかちになって、頭で考えすぎてダメな選手になってしまいます。私が最初、入部した時に‘この子はピッチャーで使う’って言ってその後、指導させていただき、ピッチングが良くなってましたよね?野球ってシンプルだと私は思うんです。考えさせる指導は良いことだと思っています。実際、私も選手には考えさせてます。ただ、考えすぎると試合で良いパフォーマンスが出せなくなるものなんです。私も経験者なので(笑)」

 

って言ったんですよね。

そしたらそのお父さんは

 

「でも、いろいろな意見を聞くことは良いことなので・・・」

 

みたいな反応でしたので、こりゃダメだ。と思って私はあまりそれから指導しませんでした(笑)

良い意味で・・・ですよ。

お父さんだけが指導した方がその子のためになると思ったからです。

その親子はもううちにはいませんけどね。。。

私は小学部の親御様を集めて何度も言ってることがあります。

1年に2回くらいですかね・・・

この3年間で5~7回は同じことを親御さんに言ってます。

 

「親がああやって打て!こうやって打て!もっとこうやって投げろ!は言わない方が良いです。コーチが指導してくれていますし、試合中に選手に声をかけるのはやめた方が絶対に良いし、ほっておいても子供たちは伸びるものです。」

「親御さんでも普段仕事で、上司からああやれ!こうやれ!とか、あまりごちゃごちゃ言われると嫌になるでしょ?そして迷うでしょ?そして仕事が嫌になるでしょ?それは野球も一緒。選手である子供たちも一緒なんですよ。」

「子供たちもボール(四球)が投げたくてボールを投げてるわけではなく、頭の中では変な投げ方になってるのはわかってるものです。それに加え試合中にまたいろいろ言うと余計にストライクが入らなくなる。」

「私も選手時代は親から家でたまにポツリとアドバイスをもらっただけで、親は試合を観に来たこともないし、小学校や中学校の時はたぶん1~2回、遠くから観てたくらいでした。」

 

みたいな感じです。

よく私は親御さんの前でも例に出すのですが、皆さん、スイミングスクールに行って、コーチを前にして

 

「もっとこうやって泳げ」

「コーチ、こうやって教えてください」

 

とか言いませんよね(笑)

どっちかと言うとほったらかしですよね?

剣道とか柔道、学習塾でも親御さんが横から指導することってないですよね?

じゃあ、なんで野球だけ親が出て来るんだ!って話なんですよね。

そこをまず、親が考えないといけないということ。

 

ある少年野球チーム、県外ですが。

以前そこの指導者の方とお話させていただいた時に

 

「大賀さん、うちは元プロ野球選手の〇〇さんの息子さんが居て・・・」

 

という話になりまして私は矢継ぎ早にご質問させていただきました。

 

「全体練習の時とか、その元プロは息子さんに声かけてましたか?」

 

とお聞きしますと

 

「いや、一切、口を出しませんでしたよね。遠くから観てはいらっしゃいましたよ。こっちがちょっと指導してくださいよ~。って話を振った時も‘僕が指導するのは違う。チーム方針もあると思うので監督とコーチに任せます’っておっしゃってましたよね。」

 

ということでした。

プロになる人は考え方が違うということなんです。

私はプロではないですが、私もそっちの考えです。

 

私は普段も一緒の考えというか性格です。

仕事では部下や取引先のやることに決して口は出さず、例えばプロジェクトを任せたら最初に少しアドバイスをするくらいで、ほとんど任せっぱなしです。

上司である私が口を出していたら部下や取引先はやりにくいと思いますし、もっと言うなら現場にも行かないです。

「大賀がいるからこうしよう」では部下は育たない。

考えさせて考えさせて自分たちで解決させることが大事ですし、全て助けてやっていたら人としても成長しないと思うから。

トラブルがあっても自分たちで解決させる、全て任せるのが大賀流、仕事の流儀です。

いつも部下に言っていることは

 

「基本的に全て任せる。本当に困った時、解決できないトラブルがあった時、お金がかかるトラブルの時だけ俺に相談してくれ。」

 

です。

以前、少し監督業から離れて19歳のコーチに監督を任せたんですけど、その時も

 

「親と話をしなくて良い。親の対応もして子供も指導して・・・は大変だよ。今の時代、少年野球は親が出てくるし、まだ19歳で若いから舐めてくる。現場で子供たちを指導することだけに集中してください。指導方法も全てお任せしますし、私の指導方法と変えても全然良いですよ。私は指導に関して一切口を出すことはないから好きにやったらええですよ。」

 

って伝えたんですよね。

こうやって書きましたけど、福岡チータに悪い親御さんはいないですよ。

みんな良い方ですよ。

勘違いのないように。。。

 

結局はいろいろ大変そうだったのでまた私が監督やってますけど。

本当に大変そうだったので、私が助け舟を出したということです。

私は選手である子供たちを大事にしてあげたいと思ってますけど、それ以上にコーチはもっと大事にしてやりたいという気持ちがあります。

コーチの弁当も温かい方が良いから直前に抜け出してコンビニに私が買いに行ってます。

あるコーチから言われた言葉

 

「いつも麺類と弁当と・・・監督、買いすぎです(笑)腹いっぱいっす!」

 

って言われましたけど、食は大事じゃから・・・。

って言って、いつもたくさん食べていただいています。

いろいろ書きましたけど私はそんな考えの人間です。

福岡チータの大事な子供が骨折をした!と報告を受ければすぐに仕事を切り上げて見舞いに行きますし、お土産をいただいたらすぐに御礼の品を届けるようにしています。

今は時効なので書きますけど。。。

過去、ある親御さん同士が離婚するってなったんですよね。

今は仲良くやってらっしゃいますよ(笑)

昨日、たまたまLINEをいただいてその後、1時間くらいですかね。。。

いろいろ世間話をしました。

 

懐かしいし、思い出したので今日は思い切って書きましたけど(笑)

その時、お互いに弁護士に相談されたりしていて、野球で言うところの7回表くらいの段階だったんですよね。

状況を聞いてヤバい!と思って、ちょっと間に入って穏便に解決してあげたこともあるんですよね。

懐かしい思い出。。。

 

まあ今日も書きたい放題書きましたけど、私が普通のことを書いていては読者の方々が腹いっぱいにならないので今日も踏み込んで書かせていただきました。

指導者の方は共感される部分も多かったのではないでしょうか?

世の中、少年野球が良くなると良いですよね。

野球界全体が良くなって、野球人口が増えると良いと思っています。

私、野球というスポーツが大好きですから。

今、40を超えても子供たちと一緒にノックに入って老体に鞭を打ってます(笑)

 

やっぱ、厳しい中にも楽しくないと野球じゃない!って私は思ってます。

練習の時はいつも子供たちを怒ってやったり褒めてやったりしてますけど、まあ子供たち見てると楽しいですよね。

私も微力ながら少年野球全体が良くなったら・・・・と思ってこれからもいろいろ発信してまいりますし、自分のチームももっと来年は成長させてみせます。

 

話は変わりますけど、

先日、チームのためにバットケースを作ってくれたお父様にビールを持って御礼に行ったんですよね。

お店で「御礼」って伝えたんですけどよく見たら「御祝」になってるんですよね(笑)

面倒だからそのまま渡しましたけど(笑)

大変失礼しました!

 

でも・・・御礼をしたのが悪かったのか、こちらのお父様、後日、またもう1つ作ってくれたんですよね。

なんか、気を遣わせてしまったな~ってすごく反省しています。

申し訳ございませんでした。

これから10年は大事に使わせていただきます!

ありがとうございました!

 

さて、福岡チータは山下コーチとも話をしてるんですけど、来年からガラリといろいろやり方を変えます。

1月から新入部予定のご家庭には個別にご連絡させていただきます。

5年生(新6年生)も入部予定です。

嬉しいですね!

 

今週末は私が忙しいので、来週以降、体験を受け付けております。

お気軽にお越しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました