監督ブログBLOG

体験は随時受付中~人間は常に5年後10年後を考えて生きていかないといけない~

中学部監督ブログ

週末は体験にお越しいただきましてありがとうございます。

先ほど、HPに不具合がありまして中学部の文言が小学部と同じになっておりました。

申し訳ございません。

今、修正いたしましたのでこちらをご覧ください。

 

福岡チータ中学部の良いところは高校野球で花が咲くように高校に照準を絞って、マンツーマンに近い形で指導を受けれる部分です。

監督やコーチがみっちりわかりやすく、丁寧に技術指導を行います。

もちろん、経験を積む上で試合も当然しますが、毎週のように遠征・遠征・練習試合・大会・練習試合・・・

などは一切考えておりません。

福岡チータ中学部は普通のチームに比べますと試合の数は6~7割とお考えください。

 

これは私個人的な考えですが、今の少年野球とか中学野球って、無駄に大会が多いというか、毎週試合・・・

試合経験を・・・が多いんですよね。

別に否定をしているわけではないです。

チーム方針は100チームあれば100通りあえるわけですので。

 

ただ私個人の考え方になりますが、試合ばかりだったら基礎練習などが疎かになってしまうというか、小学校や中学校では試合で活躍してたけど、中学校では上手で試合で活躍してたけど、高校では試合に出てなかったり、パフォーマンスが出せてない選手をたくさん見てきました。

要するに小学校や中学校の時が全盛期という選手をたくさん見てまいりました。

燃え尽きてしまったりもしてるんですよね。

やっぱり、全盛期を高校や大学に持っていかないと意味がないと思うんですよね。

試合は試合で良い部分もあると思いますが、逆に毎週のように遠征とか試合ばかりだと悪い部分もあるんですよね。

⇒「2年前まで高校球児」若手コーチが指導

 

最終的な着地点と言ったら大袈裟かもわかりませんが、プロを目指すならやっぱり高校野球や大学野球で花を咲かせないといけない思うんですよね。

なので、福岡チータは高校野球に照準を絞って将来的な指導をさせていただいているわけです。

それは小学部・中学部共通です。

小学校や中学校の間に体を作ったり、基礎練習や各種フォームを固めることが大事だと思うんですよね。

 

歴史上のある有名人も「5年後10年後を見据えて行動しないといけない」って言ってたようですが、私は本当にその通りだと思うんですよね。

どうしても親の気持ちになると試合が観たい!試合が観たい!勝ちたい!と思われると思います。

でも、そればかりに注力しているというか、気付かぬうちに、そもそもの目標が変わってきているんですよね。

 

上の写真はコーチが小学部の子供たちに指導している様子です。

先日も中学部入部を考える子供が数名来てくれましたが、コーチが熱心に指導してくれました。

早速数名は入部のご意向をいただきました。

本当にありがとうございます!

大事に育ててまいりますのでご安心されて福岡チータ中学部にお子様を預けてください。

 

福岡チータってチームは「手取り足取り」指導しますので初心者の小学2年生でも入部して3ヶ月も経てばそれなりに試合に出れるレベルになります。

毎年良い選手が育っています。

デカいことを書いているようですが、福岡チータ小学部は創部時からこの3年間、毎年のように良い選手を輩出していると自負しております。

入部時は打てなかったけど卒部する時は強打者になっていたり、捕手未経験だった子供が小学ナンバー1に近い捕手となって卒部したり。。。

ただもちろん個人差はありますよ。

⇒20代若手コーチ

 

今日はいろいろ私の想いも含めて書かせていただきましたが、福岡チータは中学部も小学部も体験は随時受付しております。

お気軽にお電話やお問合せページよりご予約の上、お越しください。

たくさんの入部をお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました