監督ブログBLOG

補欠とレギュラー同じ練習させてます~補欠の選手ほど大事にします~

中学部監督ブログ

補欠とレギュラーは福岡チータではありません

もちろん同じ練習をさせます

 

毎週のように体験が入っている福岡チータです。

いつも上記のようなことを保護者様にお伝えしております。

小学部と中学部の監督をしていますが、共通して言えることは私の考えとして、レギュラーとか補欠とかはありません。

練習も同じようにさせますし、同じように同じ本数打たせたり守らせたりしています。

エースでも4番バッターでも横着な子や言われたことをやらない子は試合に一切出しません。

退部する時も一切止めないのが私の考えです。

移籍しても伸びないと思うから。。。

バイバイ!って感じです。

 

昔、小学部の試合中、あるスタメン選手が控えの低学年選手に「あれ取って」「早くしろ」みたいなことを横着な態度で言ってたんですよね。

私は

 

「お前、もう退部せえ!二度と来るな!」

「控え選手の気持ちもわからないようなら野球して上手くならんし福岡チータにはいらん」

 

って話をしました。

そこはお父さんもちょっと変わってるというか、福岡チータに入部して打てるようになったり投げれるようになったから天狗になってたんですよね。

態度も悪かったので怒鳴り散らしました。

普段、怒鳴ることはないですが周りへの影響、ご両親自体も変わってほしいと思って両親の前で怒鳴り散らしました。

両親は私の方を睨んでましたけど睨み返しました笑

そういう子は親も親。

しっかり子育てしないと将来、息子さんが警察のお世話になるよ。

ってことなんですよね。

いつか・・・

小学部の大会前のミーティングでスタメンの選手9名に大事なことを伝えました。

 

「一生懸命に一緒に練習しても今の段階でお前たち9名がスタメン。現時点では差があるけど、3ヶ月後はわからない。お前たちも控え選手になることもある。今いる控えの選手のことは大事にしてほしいし、ベンチでもたくさん話しかけてやったり、バット引きも控え選手にさせるのではなく、お前たちが積極的に行け!試合に出る以上は控え選手よりも声を出してほしい。それができないなら1回から選手を全部入れ替える。勝ち負けはどうでもええ。これから生きて行く上でそこを大事にしてほしい!」

「試合に出る以上はここが痛い!あそこが痛い!は一切言うな。現時点で体調の悪い選手は監督に言ってくれ」

 

福岡チータの監督はそんな教えをしております。

で・・・この試合勝ったんですよね。

勝ったことよりもスタメンの9名がバット引きをしてたり控え選手に声をかけていたり、代打で控え選手が出たら、凄い声で応援してたんですよね。

そっちの方が嬉しかったし子供たちの成長を感じました。

 

長くなるので書きませんけど、これからも一生懸命に練習する・一生懸命に野球に取り組む子は大好きなので応援しますし大事にします。

一生懸命に取り組まない子は嫌いなので別のチームを紹介します。

 

今日はいろいろ書きましたけど、私のブログをいつも見ている方、私が何が言いたいかわかりますよね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました