Slider

「俺が全国1の少年野球チームにしてやる」

「俺が全国1の少年野球チームにしてやる」

小学生監督ブログ

 

練習前、何も言わなくてもみんなが段取り良く準備をする小学生たち。。。

じゅんぺい君なんて1年生ですよ。

素晴らしいではないですか!

 

私は技術的な指導もしますが、礼儀とか、段取りとか、親への感謝とか道具を大切にすることとか、ちょっとした気遣いとか・・・そういう部分を教えることが多い気がします。

それは社会人にも一緒です。

そういうのができない人が社会では多いんですよ。

 

野球の時はいつも笑っていますけど、昨日はお客さんに怒鳴って注意しました。

客だから何をしても良い!

これは大きな間違えです。

小さい時に親から何も学んでないんだな。という社会人を最近はよく見かけます。

 

さて話は戻りますよ(笑)

土曜日と日曜日は練習でした。

初めてシートノックをしましたが、ボロボロでした(笑)

でも・・・初めての仲間と初めてのシートノック。

エラーしても私は全く怒ったり怒鳴ることはありません。

 

小学生を集めて私は子供たちに言いました。

 

「俺がこれから全国1の少年野球チームにしてやる!だから監督の言うことは絶対に聞け!そしてわからないことがあったら何度でも聞きに来てくれ!遠慮はしたらつまらんぞ。」

 

福岡チータ小学部には移籍してきた選手もいますし、全くの初心者もいます。

今は戦えるレベルではありません。

でも・・・数か月後にはそこそこに仕上げて見せましょう!

野球って私は性格の出るスポーツだと思うんです。

だから、最初は技術というよりは性格から鍛えています。

 

そして福岡チータ小学部の選手たち、練習中、みんな笑顔です。

練習が終わると子供たちは

 

「もっともっと練習したいです」

 

と言ってくれます。

野球の原点ってここだと思うんです。

最近の小学生を見ていると無理やりやらされるとか、怒られるからやるという子供が多い気がします。

私はそういう教育・指導方針には大反対です。

考えて野球をさせることに私は重点を置いています。

 

小学校1年の子が考えながらネットを組み立てているんですよ。

ボールがなくなったらみんなで草むらに入ってボールを探しているんですよ。

徐々に物を大切にすることとか、そういう部分が身についてきたのではないかと思っています。

今週末も子供たちに会うのが楽しみなおじさんです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました