mv01
mv02
mv04
mv06
mv07
mv08
20210223西日本軟式野球大会優勝②
20210223西日本軟式野球大会優勝バッテリー

「そんな奴はチームから出ていけ」監督が激を飛ばす

「そんな奴はチームから出ていけ」監督が激を飛ばす

小学生監督ブログ

久々のブログ更新となりました。

12月は私はとても忙しいんです。。。

でも、各方面から

 

「ブログを毎日楽しみにしています」

「子供も監督のブログを見ています」

「ブログを見てチータに入団を検討しています」

 

という本当かどうかわかりませんが、そんなお声を多くいただいておりますので今日は頑張ってブログを更新します。

12月の練習は私が行けない日も多かったのですが社会人の選手、特に長嶺キャプテンが男気を出して小学生の指導にわざわざ行ってくれました。

こういう選手がいるから小学部があるんですよね。

ありがたいことです。

他にもリナさん・富永・日高の各選手も指導に行ってくれて感謝しています。

いろいろな若いコーチから野球を教えてもらえる子供たちは恵まれている!って思って練習してほしいと思っています。

当たり前と思って野球をするのか、それとも恵まれていると思って野球をするのかでその子の将来が決まるのではないかと思います。

私がちょうどいなかった時ですが、ちょっと道具を粗末に扱ったり、後片付けをしなかった一部の小学生がいたようです。

ある親御さんがある小学生に注意したら「だって~・・・」と言い返したようなんです。

先日の練習の前に私は小学生を集めて話をしました。

社会に出て将来この子たちがしっかり生きていけるようにということを私は指導の最重点課題にしております。

野球をする前に大事なことがあると思ってまして、もう一度選手である小学生のみんなに伝えました。

 

「野球が上手いとか下手とかそんなのはどうでもええ!小学生だし、打つ・打たないなんか、そんなことは監督はどうでも良いと思ってる。だから試合で打てなくてもエラーをしても怒鳴ることは一切しない。プロ野球選手だってエラーはする。プロ野球選手目指して野球をするのはいいけど、その前に1人の人間として大事なことがあるんじゃないか。野球はチームスポーツだ。道具だって、みんなで運んで、みんなでグランド整備してグランドや道具に感謝を伝えないといけないと思う。最低限、道具を大切にしろ。道具を粗末にするような奴がプロ野球選手になれるわけがない。あと、プロ野球選手だけを目指して野球をするなら野球を辞めろ!甲子園とかプロ野球選手とか、それだけを目指して野球をしよったらつまらんぞ。プロ野球選手だって引退する日はくる。お前たちも小学校で野球を辞めるかもわからんし、高校で辞めるかもわからんし、大学で野球を辞めるかもわからん。いつか野球を辞める時が来るんだ。将来、長い人生のため野球の技術だけでなく、野球を言う素晴らしいスポーツを通じていろいろなことを学んでほしいと監督は思ってる。そして道具を買ってくれたのは親だ。毎回グランドまで送迎もしてくれている。お父さんお母さんも忙しいし、休日はゆっくりしたいのにわざわざ送迎してくれたり応援してくれている。そのことをもう一回考えて野球をせんとつまらんぞ!いくら野球が上手くても挨拶ができんような奴、親に反抗するような奴、道具を粗末にするような奴は福岡チータから出ていけ!」

 

「監督は野球が上手い横着な奴より、野球が下手だけど、一生懸命に練習する。何度三振しても一生懸命に上手くなろうとバットを振る。グランド整備を一生懸命する。道具を一生懸命1人で運んでいるような子の方が好き。そういう下手くそには付きっ切りで指導したいし、そういう子の方が将来立派な大人になる。」

 

「監督は以前、事故で足を切断した小学生と仕事で会ったことがある。その子は野球が大好きで毎日素振りをしてたらしい。でも足を・・・(省略)。野球がやりたくてもできない子もおるんぞ。野球ができるって当たり前のことなんか?中には夢を諦めないといけない子がおるんで。お前たちは親から良い道具も買ってもらって、広いグランドもあって、恵まれていると思って野球をせんとつまらんぞ。若い実力あるお兄ちゃん選手がわざわざ時間を作って指導に来てくれよるんで!これを当たり前と思うならそれは大きな間違い!よう考えて練習せんとつまらんぞ」

 

大事なのは子供たちの心に響く、心で感じるような指導・言い回しをしたいと思ってるんですよ。

私の個人的な考え方になりますが、少年野球の時は特に、上手いとか下手は二の次だと思うんですよ。

まずは楽しく野球を学ぶ。

そして、やらされる野球ではダメで、自分たちでやる野球をしてほしい。

そして一番はなぜ野球ができているかを学ぶこと、親のありがたみを理解させることの方が大事だと思っています。

私は仕事でもそうですが、嫌いな人からお金をもらいたくないんです。

嫌いな人から100万円もらうより、好きな人から10万円もらう方が達成感があります。

 

成人して20歳でも50歳でも80歳でも人間として未熟な奴は世の中たくさんいます。

自分さえ良ければ良いという自分のことしか考えてない奴もたくさんいます。

小さい時に親とか監督から大事なことを教わってない社会人もたくさんいます。

 

下の写真は野球人としても人間としても素晴らしい小河君です。

彼の人間性は確立されています。

もう一回、みんなでいろいろ考えないといけないと思いました。

監督がいないとできないというのは三流ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました