Slider

今年初の連敗~打撃が弱い~

今年初の連敗~打撃が弱い~

監督ブログ

今日は高松宮杯の予選1回戦でした。

まさかの2-3サヨナラ負けでした。

今年初の連敗ということになりました。

試合開始前、本部にスターティングを伝えた後に渡邉選手が所要によって急遽帰らないといけなくなり、1回から‘選手交代’ということで、梅野選手に急遽、レフトに入ってもらいました。

長嶺キャプテンも負傷により急遽、交代となりました。

今日は‘まさか’が非常に多かったです。

では試合の解説をしてまいりましょう!

先発に指名したのは長嶺キャプテン。

捕手は甲斐選手。

日南コンビに任せましたが、これが大誤算!

制球に苦しむ長嶺。。。

初回から四球を連発してしまいました。

その後も立ち直ることなく途中で肘の痛みを訴えて緊急降板となりました。

その後、緊急登板となったのは最近‘ピッチャー気取り’の丹羽選手です。

ただ、彼のピッチングは本当に安定していて安心して見ていれます。

今日は四球を1つ出しましたけど、本当に珍しいことです。

そのくらい、抜群のコントロールと、ピンチの場面では抜群のフィールディングでゲッツーをとってくれました。

やっぱり、ピッチャーはスピードよりも人柄とコントロールが大事だということなんですよ。

丹羽選手は仕事でも全国トップの成績らしく、できる人は何をしてもできるということなんですよね。

試合の方は先制されるも、2-1で逆転しました。

ただその後、不運なあたりなどあり内野ゴロの間に相手チームに1点を献上してしまいまして2-2の同点で最終回の相手の攻撃!

ここでエース澤邊投入!

 

先頭打者を四球で出してしまった時点で正直、福岡チータの負けです。

その後、送りバントなどで1アウト3塁、カウント3ボール・2ストライクから相手のホームエンドランが決まってゲームセット!

澤邊選手、久々に投げたこともあり責めれないのですが、やはり野球ってスポーツは流れがありますよね。

取れる時に点を取ってなかったりすると結果的にはこういうことになるスポーツなんですよ。

 

残塁も毎試合10個以上あります。

あと1本が出ないんですよね。

試合中に選手たちの会話が気になりました。

 

「今、何対何?」(選手)

「2-1」(マネージャー)

「えっ!2点しか入ってない?」(選手)

そのくらい、福岡チータペースの試合でした。

毎回のようにランナーを出してもヒットが出ない。。。

前からずっと書いていますが、福岡チータの守備力は内外野ともに100点だと思います。

今日はサードの選手がエラーしましたが、エラーは野球に付き物ですので気にしていません。

タッチアップを強肩の丹羽選手がホームで刺しましたし守備は言うことはないでしょう。

ただ打撃の弱さは深刻なレベルですね。

1試合平均2点くらいの打線ですので、3点取られたら福岡チータは負けてしまうということです。

これでは投手陣に莫大な負担がかかってまいります。

 

これからは練習試合も多数入れていって次の大会に向けて準備してまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました