Slider

福岡だけでない!少年野球のあるあるを今変えないと野球人口が激減します!

福岡だけでない!少年野球のあるあるを今変えないと野球人口が激減します!

監督ブログ

 

 

私の言いたかったこと・・・

今日朝、TBSさんのグッとラックさんでやってましたね。

大分県の日出町の小学生バレーボールチームで、体罰があったようです。

監督は小学校で教頭をしているという男性らしいです。

呆れてしまいますよね。

そして、その後のことにも驚かされます。

バレーボールの協会にそのことを報告した保護者を別の保護者たちが責めたらしいです。

 

わけのわからない「誓約書」を書かせて保護者が寄ってたかってそのリークした保護者を責め立てたらしいです。

こんな監督なら、付いていく親も親です。

類は友を呼ぶとはこのことです。腐ってます。

ここで忘れてはいけないのは、親主導、大人主導のチームになっているということです。

被害を受けたお子様がとても心配です。

親や監督はどうでも良いんです。一番の被害者は子供です。

小学校にも行きづらいのではないかと思います。

好きで始めたバレーボール。ただ、このお子様には一生残る傷を負ったことだと思います。

 

監督はもちろんのこと、わけのわからない誓約書を書かせた親も実名公表してほしいくらいです。

私はそのくらい怒っています。

この‘昭和指導’の監督には一切子供の指導には関わってほしくないですね。

 

テレビを観ていて思ったのは、少年野球あるあるです。

筒香選手も、私と同じことをおっしゃっているようで、なんか安心というか、心強くなりました。

 

福岡チータでは、

お茶登板→一切ありません。

監督が威張り散らす→一切ありません。

意味のない練習→一切ありません。

やたら長い練習時間→短期集中で効率良く練習します。

今しかない子供との時間を大事にしてほしいので土日に1日ずっと練習するなんてことは一切考えておりません。

家族との時間も大事にしてほしいと思っています。

高校野球になると、練習ばかりになりますので、今しか親との時間はないと思いますので、私は家庭での時間、子供との信頼関係を築くのは今(小学生の時)が一番大事な時期だと思っています。

 

私自身、息子を福岡市中央区のある少年野球チームに預けておりましたが、最悪でした。。。

まず、わけのわからない変なチームのルール。

効率の悪い道具運びやテント設置。。。

親同士の力関係。(なぜか6年や5年の親が威張っている)

やたら多い1日練習(1日に4試合の紅白戦)→意味がわかりません

1日練習して、打席に立ったのは数回。打ったのは2~3回

6年生中心はわかるのですが、ちょっと理解に苦しみましたし、息子もチームに行きたくないとなりました。

普通なら、親なら「がんばれ」「我慢しろ」「あきらめるな」とか言うのでしょうが、私は言いませんでした。

監督やコーチの指導を見ていて、本当に野球を知らないな。。。

高校や大学で、きっと活躍してないんだろうな~。

という感じです。

そして、自分の子供が少年野球チームを退団しても、なぜかコーチとして残って指導したがる素人指導者たち。。。

世代交代って言葉を知らないんだろうか。。。

 

なんて思いました。

あまり悪口は言いたくないので、このくらいにしておきますが、試合を見ても、「これでは負けるよね」「なんでエンドランを教えてないんだ」「え!ここでバントかよ」みたいなことはたくさんありました。

 

当時、ある仲の良いお父さんやお母さんたちと話をしましたが、その親御さんたちは「子供のことを考えると、このチームで我慢するしかない」「子供のためです」なんておっしゃっておりましたが、それは大間違えです。

子供のことを考えるなら、言わなきゃいけないことは言うべきだし、昭和ルールはやめた方が良い!と言うべきです。

 

私がこの福岡チータというチームを立ち上げたのはもう、私自身が少年野球や中学野球を変えたい!と思って、思い切って立ち上げました。

選手がそろえば、福岡で一番、全国大会に行ってみせましょう。

効率よく、子供たちがわかるように指導します。

中学生もお話をお聞きしますと、いろいろあるようです。

試合の時のお母さんによるウグイス嬢当番・・・。

 

格好にこだわりすぎ感があるのは私だけでしょうか?

 

皆様、福岡市から少年野球、中学生野球を変えていきましょう!

賛同していただける方は是非、入団をお待ちしております。

 

 

監督:おおが

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました