mv01
mv02
mv04
mv06
mv07
mv08
20210223西日本軟式野球大会優勝②
20210223西日本軟式野球大会優勝バッテリー

将来立派な男になってほしい‘親心’があります

将来立派な男になってほしい‘親心’があります

小学生監督ブログ

「野球する前にグランドに来て社会人選手やコーチ、監督を見て挨拶ができんような奴は来るな」

「グランド内は走れ」

「整列は5秒以内にする」

「フリーの時、守備は広がれ」

「もうちょっと段取り良く練習をしよう」

 

いつも子供の前で注意しています。

こんなこと、普通の少年野球チームでは注意することはないと思います。

ただ、立ち上げたばかりということで整列から掛け声、円陣でのカッコ良い声出しなどなど、野球の技術以外の部分にも時間をかけて毎回指導しております。

これを見られた少年野球チームの関係者の方々はなんてレベルの低いチームだ!

なんて思われると思います(笑)

 

でも・・・正直、立ち上げたばかりなので仕方ないです。

私も監督をしていて「ここから教えないといけないのか!」ということがたくさんあります。

 

何度言っても挨拶ができない子もいます。

何度言っても敬語が使えない子もいます。

社会人選手が指導してくれても「ありがとうございます」が言えない子供も多い。

 

でも監督は毎回毎回、繰り返し子供たちに指導しています。

大事な子供たちを親御様から預かっている以上は立派にして卒部させてやりたいというのが根本的な考えとして私の頭の真ん中にあります。

野球が上手くなって卒部してほしいのはもちろんですが、その前に1人の人として挨拶・礼儀・気配りのできる人を育てたいと思っています。

どんな素晴らしい野球選手でも絶対にいつかはグラブを置く時が来ます。

なので野球だけでなく、将来社会に出た時に立派な男になってほしいという監督の中に‘親心’があります。

 

「福岡チータに入部して子供が変わった」

 

この言葉を親御様からいただいた時が一番嬉しいです。

まだ立ち上げて間もないですが30名の選手が入部してくれて、今だに続々と入部のお問合せをいただいております。

親御様からしますと自分の子供が野球が上手くなってほしい!プロ野球選手になってほしい!

っていうのがまず第一に来るので、礼儀とかグランドマナーよりも打ち方や捕り方、投げ方を指導してほしいというのが先にくるんです。

ただ、体験にお越しになる保護者様に「技術の前に礼儀や挨拶、グランド整備から」・・・この話をすると体験に来られる親御様は入部されないです(笑)

でもそれはそれで良いと思っています。

 

野球・野球・野球

 

これでは人として成長は望めません。

子供たちには野球バカになってほしくないと私は思っています。

先週ですが、近畿地区にある高校野球の強豪と言われるチームの監督さんとご一緒することがあってお話をさせていただきました。

 

「中学校で野球が上手い奴、即戦力の選手でもうちはまず礼儀とか道具の管理から教える。プロ野球選手目指すことも大事だけど、プロ野球選手になれんかった時に社会人としての常識を指導する方が大事・・・(略)」

 

とおっしゃっておりました。

一緒の考え方で恐縮です。。。

まあ、いろいろ書きたいことはありますが、長くなりますのでこのあたりにしておきますね。

最近はグランド整備もみんな進んでやってくれるようになりました。

イイ感じの腰使いで‘それっぽい’でしょ?

監督は子供たちにグランド整備の仕方から指導しております(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました