mv01
mv02
mv04
mv06
mv07
mv08
20210223西日本軟式野球大会優勝②
20210223西日本軟式野球大会優勝バッテリー

体験に来る前にお読みください~監督の野球観・考え~

体験に来る前にお読みください~監督の野球観・考え~

小学生監督ブログ

朝から博多駅のミスドでドーナッツを食べている大賀監督です。

さて、今日は新入部をご検討中の保護者様、体験にお越しになる保護者様へお伝えしておきたいことがあって書かせていただきます。

 

福岡チータ小学部はおかげ様で30名の選手が在籍してくれています。

お問合せの段階、そして体験に来た時に名前も名乗らない人もいますし、「お願いします」帰る時に「ありがとうございました」の言葉も言えない保護者様も多いです。

私はプライバシーは守りますし、全てにおいて入部してくれた子供、保護者様は全て私が責任を持って守ります!

これは断言しておきます。

 

そんな中、体験に来て挨拶もできないような大人を見るとちょっと残念に思います。

そういうのって、子供もマネしてしまいます。

子供は親の背中を見て育ちますので、まずは親から挨拶をしないと子供は決して野球人として、人間として、上達することはないでしょう。

さて・・・福岡チータの練習は見ていると少しキツそうに見えるかもわかりません。

自分の子供が「カワイイ」「カワイイ」「かわいそう」だけなら入部させない方が良いと思います。

一言で言いますとそういうご家庭はスポーツに向いてないと思います。

 

私は子供たちに接する時は穏やかにユーモアを交えながら話をすることが多いのですが、それとは正反対に練習内容は時にキツイこともあります。

楽しそうに練習する場面を見ると「ゆるいな~」って思われる保護者様もいらっしゃると思いますし、逆にキツイ練習をしていると「子供がかわいそう」と思われる保護者様もいらっしゃると思います。

ただその‘強弱’が大事なんですよね。

 

私はチームを作るうえでそのあたりを大事にしています。

他にもいろいろ気を付けていることがあるのですが、ここでは企業秘密ということで書きません(笑)

小学生はまだ体ができてないということもあり、比較的走らせたり、ノックを長時間やったりすることは多いです。

体験に来られた保護者様からしますと

 

「走ってばっかりじゃん」

「ノックばっかりじゃん」

 

みたいなことを思われる保護者様も多いのではないかと思います。

 

「前のチームは強かった 練習方法が福岡チータは違う」

 

なんて思われる方もいらっしゃるかと思います。

でも、そのチーム・チームによってやり方もありますし、目指すところや目標も違うと思うんです。

福岡チータは今いるメンバーで超〇〇級みたいなすごい選手は1人もいません。

ただ、補強などすることなく、このメンバーで私は全国1になれると思っていますので、基礎から毎週コツコツと練習しているわけです。

補強して上手な子ばかりを試合に出して勝っても私は全然嬉しくない。

野球を始めたばかりの子供も多い福岡チータですが、その‘下手なメンバー’を鍛えて鍛えて、試合に勝つ!

これが私の目指すチームです。

そして、一番のチームとしての目標は上(中学校~高校)に行っても通用する技術を子供たちに身に着けてやりたいと思って日々、指導にあたっています。

 

目の前の試合に勝つことももちろん大事ですが、その子のことを考えて、エラーしてもエラーしても、打たれても打たれても選手交代しないことは私の練習試合の采配を見ているとわかるのではないかと思います。

逆に集中力がない選手はすぐに交代させることもあります。

目の前の試合を勝つためだけに野球をやるのではなく、選手1人1人を育ててやりたいと心の底から思っています。

なので、強いチームを退部されて福岡チータに入部を検討中の保護者様からしますと物足りないのはあるかもわかりません。

ただ、見ていてください。

将来、最強の小学生チームを作る予定です(笑)

予定なので期待しないでください(笑)

 

そのあたりの少年野球チームのレベルが100とすると、現時点の福岡チータのレベルは1か2くらいです。

逆に言えば、下手くそばっかりの小学生チームに入部を決めてくれた現選手の保護者様には感謝しかありません。

 

「練習を見ていて監督の熱意を見ていてこのチームの将来性を感じました」

「安心して子供を預けることができます」

「監督の考えに賛同して入部したので監督の考えで好きなようにすれば良いと思います」

 

チームを立ち上げたばかりということもあり、何か問題・課題ができた時には保護者様に私は相談します。

そんな中で上記のようなお言葉をいただきますが、本当に嬉しいし、感謝しかないですね。

よく、こんなチームに入部してくれたな~なんて、時にふと思うことがあります。

私、ノックを比較的長くやることが多いんですが、ノックって、実は打撃にも影響するんですよね。

ノックは非常に体にとって良いんです。。。

足腰も使うし、打撃で必要なハンドリング(リスト)のトレーニングもできる。

以前、コーチをしたいという人(糸島)が来たことがあって

 

「ノックが長いですね」

 

なんて言われたことがあったのですが、私とは野球観というか考え方が違うかもわかりません。

だからそんな人は‘普通の野球チーム’で終わってしまうわけです。

 

あと、単純に言えることは福岡チータの選手は上手な子もいれば、野球を始めたばかりの子もたくさんいます。

言い方は悪いかもわかりませんが‘下手くそは練習するしかない’ということで、2キロくらい走らせたり、ノックも何か所にもわかれて1時間くらいすることもあります。

体験に来る子供の中には体力的にちょっと時間がかかるな~。

とか、私が指示したことに対して返事をしなかったりする子供もたくさんいます。

ただ、それは緊張しているでしょうし、最初なのでそのあたりはあまり気にしていません。

 

それよりも野球に対してどのくらい向き合っているのか、どんだけ上手くなりたいと思っているのかを見ています。

今週末も複数の体験のお申込みをいただいておりますが、目の前の試合を勝つ!優勝するだけの目標であれば、別のチームで野球をやることをオススメします。

 

厳しいことを書きますが、今入部されている保護者様、そして一生懸命に上手くなりたいと思って野球に向き合っている子供たちに迷惑がかかります。

今日は大賀監督からの‘闘魂注入’でした。

 

↓マネージャーのグランド整備風景、みんなが小学部を支えてくれています

コメント

タイトルとURLをコピーしました