監督ブログBLOG

「お前は良いものを持っているんだから」

小学生監督ブログ

昨日の試合中に私はある4年生の子供2名を別々に呼び寄せました。

 

「変わるなら今しかない」

「お前は良いものを持っている」

 

最近の子供はなんかガッツがないというか、男らしさがないというか、昨年から少年野球の指導をしてみてそれはすごく感じていました。

2試合目にチャンスを与えるため思い切ってレフトでスタメン起用しました。

ただバッターボックスでは言った通りにできず、3球見逃しの三振であっさりとベンチに帰ってきました。

 

「三振しても良いじゃないか!振らないと何もおこらないよ」

「このチャンスを生かすも殺すもお前次第」

 

時には厳しい言葉もかけて注意しました。

2打席目はアウトにはなりましたが、良い感じで打ってくれていました。

気持ちの問題と考え方の問題なんですよね。

 

この選手は昨日の試合後にノックをしました。

最後、個人ノックになりましたが飛びつくことはしませんでした。

私の口癖ですが

 

「下手くそでも良いじゃないか」

 

次回からそのあたりの指導もできればと思います。

何とか彼を変えてあげないといけない。

私は本気でそう思っています。

変わるから今しかない!

 

もう1人の4年生選手はうっかりミス、うっかりが多い子供です。

彼には試合中もかなり厳しく注意しました。

同じミスを何度もします。

ただ、声をだしていたこともあり、途中からセンターで起用しました。

好走塁でホームへ還ってきました。

今まで試合に出場させて、全く同じ走塁ミスが2回ありました。

今日は相手の隙をついてホームへ好走してくれました。

ベンチで彼を褒めました。

福岡チータの監督はせっかく入部してくれたんだし、野球が好きで入部したんだから子供たちを変えてやりたいって思っているんです。

いつも書くように野球をする上で性格が大事です。

その性格がプレーにもベンチでの振る舞いにも全て出てしまいます。

試合に出てなくても必死に応援する子供もいれば、応援しない子供もいます。

 

昨日の試合が終わって私は子供たちに

 

「チームスポーツをする上で声は出さないといけない もしそれが嫌なら野球をやめることだ サッカーやバスケ バレー・・・全てのチームスポーツは声を出して仲間に指示をしたり仲間を励ましたりしている 声を出すのが嫌というのなら将棋やゴルフなどをした方が良い」

 

と伝えました。

今日は雨天中止となりましたが来週からまた練習です。

子供たちにはこれからも時には厳しく、そして普段は明るく楽しく練習する環境を作ってやらないといけないと思っています。

好きで始めた野球を嫌いになってほしくない!

私の思いはそこなんです。

 

ただ、楽しく野球をするためには勝たないと面白くないと思います。

勝つためにどうすれば良いのか。。。

そこをこれからも子供たちに考えさせたいと思っています。

保護者の皆さま、いつも福岡チータ小学部の活動にご理解・ご協力をいただきましてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました