監督ブログBLOG

福岡チータ小学部の評判&親御様の生のお声を今日は特別公開!

小学生監督ブログ

⇒春休み練習は多くの選手が参加

⇒大橋駅・博多駅など送迎車2台でお迎え

 

今日から福岡市の小学校は春休みということで福岡チータの得意技!

春休み平日1日練習をしました。

 

福岡チータ小学部はこれまでも長期のお休み(夏休み・冬休み・春休み)があれば平日に1日練習をしておりました。

以前、親御様にアンケートを取ったらほぼ全家庭の親御様が長期休暇中に1日練習をやってほしいというご意見が多かったのでこれからもこの福岡チータ小学部の良き伝統は続けていきたいと思っています。

また、今日はこれまでいただきました親御様からの生の声をご紹介いたします!

(個人情報に関わる内容に関しては省略などしております)

 

「大好きな野球を平日に1日練習してくれるところなんてないと思いますので感謝しています。」

「送迎もしていただけるので親の負担もなく本当に助かります。」

「これまでバスや電車に1人で乗ったことがなかったのですが監督から‘甘やかして良いことは何もない’‘カワイイ子には旅をさせろ’ということで息子に自分で行かせましたが意外と行けますね(笑)福岡チータに入部して人として息子の成長をすごく感じるようになりました。監督から送迎時にLINEで‘今、息子さんと合流しました’とか‘バスに乗るのを今確認しました’とか報告いただいて安心していますし感謝しています。」

「監督は厳しく広島弁で指導することもありますが、子供たちを大切にしてくれているのが練習や指導、全体LINEを観ていたらわかります。これからも監督について行きます!」

「春休みは親は仕事ですが子供たちは家にずっといてテレビやゲーム三昧なので野球の練習でビシビシ鍛えてくれるのはありがたいです。どんどん練習してほしいです。」

「福岡チータは他にはないものがたくさんあるので毎回、息子も練習を楽しみにしているようです。」

「以前、監督が企画してくれた24キロ徒歩企画や北九州社会科見学をもう一回やってほしいです。息子がすごく楽しかったみたいです。普通の少年野球チームはキャンプとかが多いと思いますが、企画が斬新で子供たちも嫌々参加ではなく本当に楽しかったみたいです。」

「福岡チータに入部してから息子が自ら素振りやランニングなど始めました。こんな息子を見たのはこれまでで初めてです。監督が体験に初めて来た時に‘技術的な指導はもちろん高いレベルでしますが、それ以前に子供にやる気を出させることが大事であり、そこが監督の腕の見せ所’とおっしゃっておりましたが、指導に感謝していますし考え方に共感しました。」

「仕事に行くときにグランドに預けて帰る時にグランドで息子を拾って帰れるので効率的で助かります。」

「きちんと技術的な指導をしていただいて息子はこの半年で大きく変わりました。久々に息子の野球の練習を見学しましたが前よりもかなり上達していてビックリしました。」

「前のチームは技術指導はほとんどなかったけど、福岡チータは熱心に指導してくれるので入部して良かった。」

「監督は子供の心を掴むのが上手ですね。私も〇〇〇として勤務していますが円陣を組んで子供たちに指導しているところを見てなんか教え方が上手というか子供たちに飽きないような伝え方をされていますね。例える話など上手ですよね。上から目線になってすみません(笑)私も〇〇〇として勤務する中でなんか監督から学ぶことが多いです。」

「福岡チータに入部してから子供のやる気が変わったように思いますし、礼儀正しくなったような気がします。」

「逆シングルキャッチやサードへの送球など、これまでのチームで教えてくれなかったことでした。正面で捕れ!ばかりだったので。高校~大学レベルを小学校から学べるのは良いですね。」

「監督が‘両手で捕るな!片手で捕ればええ’と広島弁で指導されているのを見て広島弁が懐かしくなりましたし、これまでは‘両手で捕れ’ばかりの指導だったので今どきというか、斬新な指導だと感じました。私も野球経験者ですが私たちの時代も両手で捕ればかりの指導だったので・・・私も監督と同じ考えです。」

「息子が練習から帰って来て風呂に一緒に入っている時に‘今日は監督に褒められた’とか‘今日はフライが取れた’とか嬉しそうに話をしてくれます。野球を始めて2ヶ月ですが確実に選手としても男としても成長しているように感じます。」

「監督が‘エラーをしても私は怒りません。打てなくても怒りません。でもやる気がなかったり自己中心的な考えやプレーは怒鳴ります。そんな奴が社会に出て立派になることはないし出世することもないから。私は野球を指導する前に人として子供たちを成長させてあげたいんです’と言われたことは今でも覚えています。これまでエラーしたら怒鳴り散らされていましたし、子供が監督のご機嫌を伺いながら野球をビクビクしてやっていましたから。」

「セカンドけん制やフォーメーション、1・3塁の場面での対策、キャッチャーからのサインとか私が大学でやっていたことを指導されていてビックリしました。あとサインの多さ(笑)対応している子供たちも凄いと思いました。」

これ以外にもいろいろありますが、なんか恥ずかしくなりますのでこの辺にしておきます(笑)

私が言いたいのは正直、私が指導が上手いか下手かと言いますと下手かもわかりませんし、いつも練習が終わって家に帰ってお酒を呑みながら「もっとこうやって伝えた方が良かったかな」「もっとあいつ褒めてやったら良かったかな」とか自分なりに反省しています。

 

私は正直言いまして選手としても監督としても大したことはないです(笑)

そこは認めます。

ただ、子供を想う気持ちや‘悪しき文化の野球界を変えてやりたい’という思いは人一番負けません。

私たちに時代は

 

「水飲むな」「気合い入れろ」「根性出せ」

 

みたいな時代で50キロ走とか、ベースランニングホームラン50本とか、真冬に素手で1000スイングとか当たり前でした。

うさぎ跳びとか・・・(笑)

ただ、時代の流れでうさぎ跳びは膝に負担をかけるとか、長距離走なあまり意味ないとか、科学的に立証されてきました。

 

私もこの令和の時代に生まれて令和の野球がしたいと思う時がたまにあるんですよね。

私は生まれ変わったらおそらく1人の小学生として福岡チータ小学部に入部して大好きな野球に必死に打ち込むのではないかと思います(笑)

 

やっぱり何でも楽しくないと仕事でも勉強でも野球も続かないですよね。

子供たちに対した指導はできてないと思いますが、野球の楽しさであったり、勝った時や優勝した時の嬉しさを教えてあげれれば良いと思っています。

今日は長くなりましたが、私の考えや指導法を赤裸々に書いてみました。

 

4月を前に転勤族と言われる保護者様からのお問合せや新年度ということでチームを探しているという保護者様から予想以上にご質問やお問合せをいただきましたのでまとめて今日はいろいろ書きました。

でも、お気軽にお問合せフォーム公式LINEにてご質問ください。

電話はあまり出ないことが多いので、お問合せフォームLINEからの方がお返事が早いと思います。

 

今日は練習が雨天中止です。

比較的、監督は今日は暇なのでご質問にも丁寧に回答できますよ!

明日も体験に来られる方はご予約の上、お気軽にお越しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました