監督ブログBLOG

福岡市の少年野球チーム 福岡チータ監督の考え&小学生がタクシーで球場入り??

小学生監督ブログ

先日から複数の体験にお越しいただきまして本当にありがとうございます。

今日もお電話やLINEなどで複数の体験のご相談やお申込みをいただきました。

ありがとうございます。

 

ここで監督から一言書いておきます。

ほとんどの保護者様が皆さま良い方で礼儀正しいきちんとされた方です。

昨日も3名(3家庭)の子が体験に来られましたがきちんとされた親御様でした。

ご紹介いただきましたT様、ありがとうございました!

ただ、ご連絡をいただく保護者様の中には

 

「体験に行ってあげる」

「〇〇まで迎えに来てくれるなら入部しても良い」

「体験に行きたいのですが送迎はできますか?」

 

というような内容でご連絡をいただきます。

また敬語が使えない保護者様もいらっしゃいます。

私は福岡チータの子供たちには敬語や挨拶、そして礼儀は厳しく指導していますので、保護者様がそれでは受け入れは厳しいと思います。

育ちの悪い人は私とは合わないと思います。

福岡チータには合わないかもわかりません。

今在籍している保護者様とも‘客層’が違うような気がしますので合わないかもわかりません。

最近は野球塾など、新しい商売もありますが、福岡チータは「お客様」として保護者様を見ておりません。

今、在籍されている保護者様にはとっても失礼な言い方になってしまいまして申し訳ございません。

 

辞めるなら辞めて良いよ。

本気で野球が上手くなりたい人だけ来てください。

中途半端な気持ちなら福岡チータに入部しない方が良い。

 

というスタイルです。

福岡チータは社会人も小学部も全国制覇を目標に置いて活動しています。

また、過去には私も暴走したことがありました(笑)

非常識な保護者、自己中心的な保護者に向かって

 

福岡チータには向かないから別のチームに行った方が良い。

このままでは子供さん、将来大きな事件を起こすと思いますからよく考えた方が良い。

甘やかすだけの子育てをするのはやめた方が良い。

あなたは日本人を辞めた方が良い。

 

って言ったこともあります。

失礼でしょ?(笑)

 

こんな横着な上から目線で運営しています(笑)

でも、入部されたらわかると思いますが、保護者様にはいつも誠実に向き合って対応させていただいておりますし、送迎も私が責任をもって1人でやっております。

無事に駅などでお子様を拾ったら画像付きで「今、無事に合流しました」と報告もさせていただいております。

練習中に鼻血(自然現象)を流しただけでも「お子様が本日、鼻血を出されましたので一応報告させていただきました」という形でLINEにて全て報告させていただいております。

また過去には練習中に少しケガをされたご家庭に謝罪に行ったこともありました。

ただその時、その保護者様に言われた一言が忘れられない、今の私があるのもこの言葉をいただいたからです。

 

「私たちは大賀さんに全てを任せて安心して息子を預けています。指導にも満足していますし、福岡チータに入部して息子は上手くなりました。実は大賀さんと最初にお話した時に息子と話をしてすぐに福岡チータに入部を決めました。3チーム体験に行ったんですけど(笑)なので・・・好きなようにやってください。気遣いは不要です。他はわかりませんが、うちの息子だけは厳しく指導してください。自分でスライディングして少しのケガをしただけで謝罪に来ていたら野球チームの監督は務まらないですよ(笑)今後ともよろしくお願いします。」

 

ちょっと詳細は忘れたのですが、玄関先でそんなことを言われたんですよね。

その時は感動したというか、こんな私なんかに大切な息子さんを預けてもらっている!って再認識させられて玄関先で涙を流したんです。

 

何度も書きますが

‘大切なお子様を福岡チータに預けていただいている’という感謝の想いが私の根底にはあります。

 

福岡チータは親当番やお茶当番、送迎当番はありませんので親同士の絡みは一切ありません。

ただ、お金・時間・心に余裕のない方は現在入部いただいている選手の保護者様、そして監督とは合わないかもわかりません。

はっきり書いておきます。

でも、勘違いしてほしくないのは特別にお金持ちだけが入部できるとかそういう意味ではありません。

普通に働いて普通に挨拶ができる保護者様であれば大歓迎です!

保護者同士の絡みはありませんが、野球というスポーツはチームスポーツです。

なので1家庭でも変なご家庭、親が入部されると現部員の士気に影響してしまいます。

また、甘やかして育てただけのお子様は福岡チータには向かないかもわかりません。

そこもはっきり書いておきます。

 

福岡チータ小学部の練習は見ていただければわかりますが、連携などを含め、小学生にしては少しだけハイレベルな練習をしていると思います。

先日、知り合いの高校野球の監督が来られまして「小学生でここまで教えてるの?うちのチームでも教えてよ(笑)」なんて茶化されたのですが、私は入部いただいたご家庭・お子様には真剣に向き合って、中学校や高校でも即戦力として活躍してほしいと思っていますのでキツイ練習をすることもあります。

 

せっかく入部いただいているわけですので、たかが少年野球かもわかりませんが私は子供たちに真剣に向き合っています。

怒る時は本気で怒りますし、褒める時も本気で褒めます。

ここまで厳しいことを書きましたが練習を見ていただければわかると思いますが、練習中の半分は監督も選手も楽しく練習をしています。

グランドには笑顔と笑いがあります。

ずっと厳しい練習をしていたら集中力がもたないですからね。

 

子供たちに合わせてというか、子供たちが飽きないように毎回、同じメニューばかりではなくいろいろな練習メニューをさせています。

明日、福岡チータ小学部は福岡市内の小学校は春休みということで朝から1日練習をします。

平日に1日練習をやってくれる指導者ってなかなかいないと思います。

 

正直、私も仕事があります。

刀職人をしています。

めちゃめちゃ忙しいです。

朝から晩まで野球を指導して、子供たちが寝静まった21時くらいから朝までお昼にやる仕事をやっています。

自分の時間、プライベートは全て犠牲にしています。

 

たぶん普通の人はできないと思います。

じゃあ、なぜ大賀監督はそれができるのか?

それは・・・数多くの少年野球チームの中から福岡チータ小学部を選んでいただいたという感謝の気持ちと、子供たちが「週末が楽しみです」「野球楽しいです」と言ってくれるからです。

本当にその一言がすごく嬉しいし、今度は監督が子供や保護者様の期待に応える番だな!って思っているので練習を入れています。

 

福岡市以外の小学校は明日から学校が始まります。

昨日、ある子供を送って帰っている時にその子がポツリと私に言ってきたんです。

 

「あ~練習行きたい。僕、自分で電車で大橋まで来れるので(上月隈まで)行こうかな?」

 

って寂しそうに言ってきました。

私は

 

「監督の奥さんもおるから13時くらいだったら大橋駅に迎えに来させるから遠慮なく言ってくれよ。でも、お父さんに聞いてからにしてくれ。勝手に監督が決めるわけにいかないから。」

 

と伝えました。

すると先ほど、

 

「息子がチータの練習に行きたいって言うので電車とタクシーで行かせます」

 

という連絡が来ました。

タクシーで球場入り・・・

まさにプロ野球選手ですね(笑)

 

ここのご両親様は本当に子育て論が素晴らしいんです。

怒る時は本気で怒って、褒める時は褒める。

子供がやりたいということにはお金は惜しまない。

そんなご両親様の姿勢を子供は見ています。

だから上手くなるのも早いんですよね。

まあ今日はちょっと厳しいことなど、いろいろ書きましたが、福岡チータの今いる子供たちは自立した子が多いですし、本気で野球に向き合い、本気で野球が上手くなりたいという子供だけが在籍しています。

勘違いしてほしくないのは入部の段階で上手い・下手は一切問いません。

野球素人も大歓迎です。

プロ野球選手に憧れて一生懸命に練習する選手は必ず伸びます!

いつも書きますが、上手くて横着な子は大嫌いです。

挨拶ができて、礼儀正しい下手くそ、一生懸命に練習する子は大好きです。

 

今日は福岡チータの考え方、大賀監督の無茶苦茶な考えを書かせていただきました。

こんなチームで良かったら是非、体験にお越しいただき、入部をご検討ください。

体験の時は技術指導は一切行いません。

体験に2~3回来られてから納得された上で入部されると良いと思います。

ブログでは厳しいことを書いていますが、実際に監督と話をするとお笑い芸人のような普通のおっさんです(笑)

なので、構えずにお気軽にグランドにお越しください。

 

*刀職人は話半分で(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました