監督ブログBLOG

「前のチームで教えてもらったことは全部忘れなさい」大賀の暴走

小学生監督ブログ

まずはこのブログからご覧ください。

福岡チータは大したことないですがコーチ陣が優秀です。

 

{1ヶ月もすれば先発ローテーションに入って来るほど成長する}

 

私は断言しておりました。

今日、その日を迎えました。

福岡チータの一員となれる大活躍をしてくれました。

 

実は今、6年生で活躍しているエースも入部時はストライクが全く入らない選手でした。

でも、今では9割、ストライクが入るまで成長しました。

正直、ちょっとしたアドバイスをする程度で何も働いてないのが大賀監督です(笑)

彼は今、不動の背番号1に成長してくれました。

佐藤コーチに感謝しております!

 

さて、今日はGWの北九州遠征2回目ということで小倉中央スターズ様と組み合わせを替えて4試合させていただきました。

まずは小倉中央スターズ様、田中監督様、対戦していただきまして本当にありがとうございます。

私からしますと田中監督は雲の上の存在です。

そのような方とお会いできて対戦できて感謝しております。

ありがとうございました!

5年生以下の試合では入部・移籍して1ヶ月のY君を先発させました。

3日の若松の試合では大乱調で初回、1球もストライクが入らず3者連続で四球を出したところで交替させました。

打撃もイマイチ。。。

でも、私は怒鳴りつけるような指導は一切せず、単純に技術指導を行います。

怒るだけでは成長がないと思いますので、単純に技術指導をしてまいりました。

実は私は入部時に彼を見てご両親様にデカいことを言っておりました。

 

「今の彼は正直、福岡チータのレベルでは難しい。このまま成長しても高校で活躍することはないでしょう。前のチームではファーストらしいですが、チータに入部したらピッチャーをさせます。ファーストは向いてないし今のメンバーなら内野手では試合に出れないでしょう。彼には前チームで教えてもらったことを全部忘れなさいと言いました。福岡チータに入ると1~3ヶ月で見違える程成長しますよ。考えた上で入部を検討されてください。」

 

福岡チータの監督は偉そうに言います(笑)

相変わらずデカいことをぬかしてます(笑)

でも、普通にしゃべっていると意外と腰の低い普通のどこにでもいそうなおじさんなんですけどね(笑)

 

少年野球において、サウスポーは貴重です。

まだ入部して1ヶ月ですが、3日の試合では彼に先発を任せましたが、ストライクが1球も入りません。

ただ、昨日ご両親様に私は約束というか、断言しました。

 

「Y君、明日どこかの試合で先発させます。明日は必ず活躍しますよ。観ててください。私が言ったことは大体当たりますから。」

 

ここでもデカいことをぬかします(笑)

1試合目の5年生以下の試合でY君を先発させました。

ピッチング練習から1球もストライクが入らず、保護者席は不穏な空気に包まれます。

前日に監督からのMVP表彰を受けたお父様は木の影に隠れます。。。

初回、先頭バッターにいきなりストライクが入らず、0ストライク3ボール!

 

ここで彼の投球を観て体重の重い大賀監督が立ち上がって大声でナイショのアドバイス!

そこから連続してストライクのオンパレード!

ベンチに帰って来たサウスポーは笑顔で楽しそうに、そして信じられない表情で帰ってきました。

ベンチ全体が盛り上がります。

ナイスピッチングでした。

私のアドバイスが良いのではなく、これまで教えたことを忘れていたり、臨機応変ができないんですよね。

正直、まだ70点くらいなのでこれからの練習で100点にしていきたいと思います。

大事に育ててまいります。

 

私は選手によってアドバイスや指導法を変えています。

合う・合わないもありますし、選手のタイプによっても指導法を変えています。

なので、それを全投手がしたからと言ってストライクが入るわけではないんですよね。

試合終了後、お父様とお話をさせていただきまして

 

「監督のおかげですね」

 

と自分をアピールする大賀監督!

こういう人ってだいたい、使えない人が多いんですよね(笑)

最低な男です(笑)

でも、ナイスピッチングを観ることができて本当に良かったですし、彼は良いアピールをしてくれました。

 

このY君、打撃もイマイチでした。

1試合目ではピッチャーをさせて3試合目は6年生以下の試合でした。

試合は接戦となりまして7回以降はタイブレーク!

1アウト1塁・2塁からゲームがスタート!

 

8回、2アウト2塁となったところでこのY君に打席が回ります。

スイングしてもファールや空振り、そして内容も悪く、スイングプレーンも最悪な状況にベンチにいる仲間たちは諦めムード!

保護者席も少しだけ冷めていたように思います。

ここで見かねた大賀監督が打席に向かってアドバイス!

 

「お前、忘れるな!」

 

打席に向かってジェスチャー!

そして・・・見事ライトオーバーのサヨナラ2ベースヒット!

福岡チータ観覧席、選手全員が盛り上がりました。

 

ここで勘違いしてほしくないのは、私のアドバイスで打てたのではありません。

本当はアドバイスのおかげと言いたいところですが(爆)

彼の日頃からの野球に対する取り組みであったり、素晴らしいご両親様のおかげなんですよね。

いつも子供たちには野球ができる喜びであったり、ご両親様への感謝の気持ちを持つことを何度も指導しているんですよね。

だから試合後はご両親様のところに行くようにY君に伝えました。

野球の神様って本当にいるものなんですよね。

 

「お母さんの所に走って行って来なさい!報告して来なさい」

 

って伝えて、Y君は嬉しそうにお母様のところに走って行きました。

お母様と抱き合って喜んでいらっしゃいました。

良い光景です。

私はベンチから応援席を見ましたが、お母様は泣いていらっしゃいました。。。

たかが練習試合で泣けるってすごいことじゃないですか?

息子さんがここまで活躍したところを見たことがなかったようです。

お父様もサヨナラ打の飛距離にビックリされていました。

 

「あそこまで飛ばしたのは見たことがなかったです。ありがとうございます。」

 

そこで大賀監督から余計な一言が飛び出します。

 

「だから言ったでしょ(笑)」

 

{福岡チータに入部すれば1~3月で見違える程成長する}

 

私はデカいことをあえて言いますが、その言葉の影には責任も付いて来るということです。

冷静に自分を見つめ直した時、ある意味、私はプレッシャーを自分自身にかけているのかもわかりません。

 

いろいろな少年野球チームがあると思います。

「とりあえず人を増やすために部員を集めなきゃ」というチームも多いです。

福岡チータは違います。

いつも体験に来る方には

 

「本気で野球が上手くなりたいと思ったり、プロ野球選手を目指しているなら福岡チータに入部されるといろいろ吸収できると思います。お遊びや習い事感覚では来ない方が良いです。よく考えて入部されてください。」

 

と伝えています。

入部させたからには責任があります。

 

野球選手としてはもちろんのこと、男として、人として成長させてやって中学校に引き継がないといけないと私は思っています。

大切な小学校の時期。

少年野球チームの監督である以上、かなりの責任があると思うんです。

ここ最近、福岡チータの評判をお聞きになって多数の入部がありました。

嬉しい反面、私は正直、プレッシャーをすごく感じているんです。

 

「福岡チータで本当に良いんだろうか?」

「紹介で来たから嫌々入部されたんではないだろうか?」

「この子を立派に成長して卒部させてやらないといけない」

「中学校でレギュラーが取れるように指導してやらないといけない」

 

いつも練習中も試合中もそんなことばかり考えることが増えました。

6年生の試合もありましたが、私は代走で1年生2名をそれぞれ起用しました。

6年生の試合でいきなり初心者に近い1年生を代走で起用するんですよ。

無茶苦茶な采配を振る監督にベンチにいる6年生たちもびっくりした表情をして私に「大丈夫ですか?」と言ってきました。

でも私は

 

「大丈夫じゃけ~。あの2人は試合に出てなくても声をしっかり出して試合に入っとった。ルールも徐々に理解しとる。あとはお前ら(6年生)がフォローしてやれ!声を出してランナーに指示してやれ。お前らより声が出とるしやる気がある。後輩を大事にしてやれよ。」

 

1年生のS君は相手チームのミスを見て2塁から一気にホームに突入!

セーフ!

チーム力ってこのことなんですよね。

1年生をしっかり5~6年生がフォローして、今日の試合ではベンチもそうですが保護者席を含め、一体感がありました。

ベンチから観ていて嬉しかったですし、安心しました。

 

福岡チータ最強伝説が始まりました!

 

今度開催されますポップアスリートカップでは良いところまで行ってくれると確信しております。

福岡チータ強くなった!

そして選手全員が力を合わせて控えの選手もよく動くようになりました。

たびたび書きますが、佐藤コーチ、そして今回から正式にコーチに就任されました山下コーチには感謝しております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました