監督ブログBLOG

審判から謝罪入る

小学生監督ブログ

昨日の試合終了後、主審をされていた相手チームの関係者の方から

 

「さっきの(走塁妨害の判断)すみません」

 

という感じで謝罪をいただいたんですよね。

正直、練習試合なので勝ち負けよりも内容が重要だと思っていますので

 

「いや、練習試合ですし、難しいですよね(笑)練習試合なのでどっちでも良いです(笑)全然大丈夫です。審判ありがとうございました。申し訳ございません。」

 

とお礼を申し上げました。

野球って、1つのプレーや1つの判断でガラリと流れが変わるスポーツでもあります。

ただ、野球の審判って難しいと思うんですよね。

走塁妨害や守備妨害、ボークとか・・・。

小学生なので特に難しいですよね。

 

以前も書いたと思いますが、私は練習試合でも公式戦でもストライクやボールの判定、アウトやセーフの判定など、審判の判断に一切抗議などしたことはありません。

私が高校や大学、プロ野球の監督だったら抗議すると思います。

でも、少年野球ですし、そんなことよりも大事なことがあると思いますので抗議は一切しません。

 

審判はどのチームもお父様がすることが多いと思いますので一瞬の判断は難しいですよね。

週末の2日間、福岡チータの保護者様にも希望するお父様に審判をしていただきました。

ご協力をいただきまして本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいでございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました