監督ブログBLOG

「主人が試合を見てこのチームに入って良かったと喜んでました」リアルなお声紹介

小学生監督ブログ

先ほどあるお母様からご連絡をいただきまして

 

「主人がチータの試合を見て、このチームに入って良かったと喜んでおりました」

 

ということでした。

監督として、責任者として率直に嬉しく思います。

ありがとうございます。

 

福岡チータ小学部の親御様の中には単身赴任や勤務の都合で練習や試合を見学できない親御様も多いんですよね。

こちらのご家庭もお父様が普段は単身赴任で福岡にいらっしゃらないということでした。

先日、初めて福岡チータの練習試合、戦いぶりをご覧になられたようで、上記のようにおっしゃっていたようです。

小学部を立ち上げて3年目になりました。

打撃も強くなり、組織としてもしっかりしてきたように思います。

強豪チームと言われる小学生チームともそこそこ戦えるようになりました。

言うのは自由なので(笑)

 

「強豪!福岡チータ!」

「あれが噂の福岡チータか!」

「福岡チータに入部して良かった!」

 

と皆さまや保護者様から言われるような素晴らしいチームにしてまいります。

また外部で私の活動や方針に対して多くの方から応援をいただいております。

心強いです!ありがとうございます!

今、5年生からの入部申し込みや体験申し込みが殺到中!なんですよね。

福岡チータって謎に5年生が少ないんですよね。

そして低学年は全部で14名くらいだったと思うのですが、2年生は0なんですよね。

なのでチャンスです!

 

ただ、全部を受け入れますと5年生が20名とかなってしまいますので入部は先着順といたします。

場合によっては入部をお断りすることもございますのでご了承ください。

今週も複数、体験に来られます。

来年、全国制覇を一緒に味わいたい野球少年、福岡チータは良いチームだぞ!(笑)

ということでお急ぎください。

 

ただ、体験の時に私の方からチーム方針や私が苦手なタイプなどお話します(笑)

私も絡みたくないタイプは正直います。

たぶん皆さまも一緒だと思いますけど。

立ち上げた頃とは違って、今はある程度「客層」を限定しています。

なので、福岡チータは雰囲気が良いと思います。

自分で言いたくないですが(笑)

正直にお話しますね!

私は常識がない、礼儀がなってない、気が荒い、品がない、挨拶もできない親とは私は一切関わりたくないです。

仕事や私生活でも私はそういう奴とは一切関わりません。

私やチーム全体がそんな風に他から見られるときちんとされたご家庭に迷惑がかかりますし、選手である子供たちにも悪影響でしかないですから。。。

以前も書いたかもわかりませんが先日や少し前に体験に来られた親御様が

 

「福岡チータの親御さんは皆さんきちんとされていますね」

「チータに入部して一番驚いたのは前チームと違って親御様の層が良いことです」

「試合中も福岡チータの(親御様の)応援席は野次もなく応援が綺麗ですね」

「福岡チータの練習を見学しましたが、今の少年野球チームと練習内容や雰囲気が全然違いますね」

「子供たちが野球をすごく楽しんでやっているように拝見しました」

 

と言われます。

私は練習試合などでお父様方に審判だけはお願いしております(希望者のみ・一切トラブルなし)が、その時にお父様方に決まって言うセリフがあるんですよ。

 

「もし、判定で迷ったら福岡チータに不利になるように判定してください。それで負けても審判の責任ではないですから。」

 

少年野球なので勝ち負けとか、1つのアウトとかセーフって、どうでも良いんですよ。

監督が言うセリフではないですけどね(笑)

これからの長い野球人生で、子供たちが上手くなるためにどうやって真剣に野球に取り組んでいるか!

そして、高価な野球道具を買ってくれた親に対してどれだけ感謝の気持ちをもって必死に取り組んでいるのかが大事なんですよ。

たまに練習試合や公式戦で相手チームの保護者様?関係者様?を見て正直、

 

「ここ品のない親が多いな~」

「親の野次がうるせえな~」

「あのお父さん野球知らんくせにうるせえな~」

「あのバカお父さんの息子、一生懸命やっとるのに可哀想だな~」

 

って思いながら試合をベンチから観ています。

ちょっとした判定で審判に文句を言っている親とか見ていると・・・

残念というか、子供が可哀想だなって思います。

昔、私が主審をしている時、あるチームのお父さんが主審に聞こえるように

 

「今のストライク入ってるから気にするなよ」

 

ってヤンキーっぽいお父さん?がピッチャー(息子)に言っているんですよね。

横から見たら確かに全部ストライクに見えるんですよね(笑)

そんなことも知らないバカなんですよ。

横から見るとストライクだけど、コースは見事に外れているんですよね。

主審をしていて、ムカッとしましたけど、私はそういう人と一緒にされたくないし話もしたくないし、友達とも思われたくないので、ガン無視!

というか、クリーンでないアホ親を持つピッチャーの子が可哀想だと感じました。

スポーツをする息子はもちろん、親御様も本当に子供のことを想うならスポーツマン精神がないとダメだと思います。

そんな教えの親の元では子供さんが伸びないと思います。

私、試合後にそのお父さんが車に乗るところを見ましたが、想像通りのイケイケの型落ちの車に乗っていました(笑)

アホなんですよ。

 

話は変わりますけど、今、福岡であったママ友の事件の裁判がありますよね。

被告人にも子供がいます。

バカ親に育てられた子供も可哀想なんですよね。

転校を余儀なくされるでしょうし、周りの友達も去って行きます。。。

バカ親の子供はある意味、被害者なのかもわかりません。

まあ、ここで書けばキリがないので体験の時にいろいろお話させていただきますので納得された上で入部されてください。

焦ってすぐに入部して退部するのは良くないと思います。

 

類は友を呼ぶ

 

営業マンがチンピラみたいな奴ならお客さんもチンピラみたいな客ばかり。

頭の良い人の友達は頭の良い人が多い。

不良は不良同士で仲良くなる。

クレーマーはクレーマー同士仲良くなる。

営業成績の良い営業マンは友達もできる営業マンが多い。

 

まあ、書けばキリがないのですが、私の言いたいことは皆さま少しはわかるのではないかと思います。

子供たちには普段から挨拶の部分はもちろん、礼儀の部分や社会的常識の部分、取り組み方を指導することが多いです。

 

「〇〇君が手伝ってくれたんだからお前は○○君に対してこれをせんといけんぞ」

「6年生ばかりを頼ったらつまらんよ!6年生に礼を言って来い」

「お前はキャプテンなんだから遠慮するな!もっと怒って良い!」

「困った奴がおったら監督に報告せえ!怒り飛ばして罰走させるけえの!(広島弁入る)」

 

みたいな指導が多いです。

もちろん技術的な指導もめちゃくちゃします。

ただ、技術以前に性格や人間性がしっかりしないと上手くならないと私は思っています。

もっと言うなら心がしっかりしてないと野球も勉強も仕事も上手くいかないと思うんです。

上手いけど横着な子は必ず長い、長~いスランプが来てそれから脱出することができなくなります。

下手くそだけど一生懸命に取り組み、グランド整備や道具運搬を積極的にする子は半年後に福岡チータで見違える程素晴らしい選手になっています。

先日、上月隈第二で練習する前に少しだけ数名のお父様とお話したんですよね。

私、こういう時間を大事にしているんですけどね。

入部して間もない、ある選手がいて、入部時ちょっと悪い子というか、元気の良い子だったんですよね。

でもお父様方が口を揃えて

 

「〇〇君はだいぶん良くなりましたね。」

「〇〇君が最近明るくなりましたね。」

「〇〇君の目つきが良くなりましたね。」

 

とおっしゃっておりました。

これは本当に嬉しかったんです。

福岡チータに入部する子の中にはちょっとヤンチャな子や元気の良い子、監督やコーチの話を聞かない子も時には入部してまいります。

ただ、そういう子供を持つ親御様皆さまには入部時に決まって言うセリフがあります。

 

「刑務所に来たつもりで息子さんを預けてください。私が必ず立派な男に成長させますから。」

「このまま彼を世に放ったら危険です。」

「福岡チータに入部すると野球は上手くなります。それ以上に人間性が変わると思います。」

 

なんてデカいことを言っているんですよね。

これを書くといつも怒鳴り散らして恐怖支配していると勘違いされてしまいますが、私の指導は逆です。

相手の子供と対話することを大事にしています。

ノックしながら怒り飛ばしたり、わざとバカにしたり。。。

でも、時には諭すように練習の間に2人きりで話をしながらいろいろな指導をしているんですよね。

 

これ以上書くと福岡チータの企業秘密がバレますのでこのあたりにしておきます。

1つ言えるのはチームを変わったらその子も、そして親も変われるということです。

ただ、移籍を促す意味で書いているのではありません。

今のチームが良ければ今のチームで一生懸命に野球に取り組んでください。

福岡チータは月謝で8千円かかります。

ユニフォームやジャンパーもプロ仕様なので少しだけ高いです。

でも、正直、私は月謝で3万円はほしいんです。

だって、そのくらい、しっかりした指導をしていますし、福岡チータで選手としても人としても成長できますから。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました