監督ブログBLOG

「お前らと野球したくないベンチから出ろ!」監督激怒!負ける覚悟で6年生4名をベンチから出す

小学生監督ブログ

午前中に福間ジャイアンツ様の低学年と練習試合をして、休憩を取って午後から高学年の試合をしました。

午前中、低学年もダレていましたが、高学年の練習も遠くから見ておりましたがダレておりましたので、全選手に罰走を命じました。

午後から高学年の試合ということで、残り少ないので6年生を全員試合に出してやろうと思っておりました。

ただここで事件が起こります。

 

私が見えないところで6年生の4名が歩いていたようです。

すぐに他の選手たちから私に通報が入りました。

福岡チータ小学部には「プロ野球選手になりたい」「本気で上手くなりたい」という‘意識高い系’の子供たちが多く入部してきますので、そういう‘おさぼり君’がいると迷惑な話なんです。

一生懸命に練習に励んでいる他の選手の迷惑でしかない。。。

 

意識の高い高学年選手から「あいつら歩いてました」と私に報告がありました。

これはチクるとかではなく、単純に「注意してあげないと」という同級生たちからの優しいメッセージなんですよね。

6年生4名に

 

「お前らと野球はしたくない!そんなんでプロ野球選手になりたいとか笑わせるな!アホか!お前ら今日は試合に出さんから帰れ!いつも同じメンバーじゃないか!」

 

ということで試合前から嫌なムードが立ち込めます。

6年生を先発させようかと思っていましたが、急遽5年生に変更しました。

また守備の多くを最近入部したばかりの5年生などに変更しました。

途中から4年生も出場させました。

キツイながらも一生懸命に走った6年生3名は先発出場させました。

その3名も決して上手い選手ではありません。

下手くそでも一生懸命に取り組み、挨拶と礼儀がしっかりした子を指導したいと思っています。

性格の良い子、しっかりした考えを持っている子は必ず大きく伸びる時がきます。

 

いつも私は書きますが、福岡チータ小学部はもちろん全国制覇を狙っています。

今はそこまで力はないので雲をつかむような話かもわかりません。

でも、必ず近い将来、私がそんな強いチームを作ることをお約束いたします。

ただ、ここで勘違いしてはいけないのが、少年野球ということです。

 

私はいつも書くように「目の前の試合を勝つためだけ」に采配はふるってないですし、そういう指導もしてないです。

勝ち負けは後でついてくるもの。

こんなことを監督が言ってはいけないと思いますが、勝ち負けなんかどうでも良い。

少年野球~中学野球の間は将来(高校や大学~プロ)へ向けての大事なステップ段階だと思うんですよね。

昔から言っているように少年野球で燃え尽きるのではなく、中学校へ引き継ぐという考えなんです。

 

今が一番大事なステップ段階なんです。

だから練習で手を抜く4名が許せなかったです。

残り3名の6年生も決して足は速くないです。

でも、集団で走ることなく、各自、一生懸命に1時間走をこなしてくれました。

今は下手くそかもわかりませんが、こういう性格の子が将来プロ野球選手になったり、素晴らしい経営者になったり、成功者となるのではないかと思っております。

夢は叶えるものです。

 

低学年も40分キツイながらも一生懸命に走っておりました。

低学年も1名、最後に脱落しました。

その子も前からちょっと性格的に気になっていた子なので、個別でかなり注意しておきました。

 

1人でもさぼる選手がいればチーム全体に影響します。

野球は9人だけでするものではなく、ベンチ入りメンバー、そしてベンチに入れなかった選手全員で戦うスポーツです。

なので1人でも手を抜くような奴がおったら迷惑ということです。

4名は試合中に走っておりました。

1名、エースの子だけ一生懸命に走っていたので試合開始後ベンチに入れました。

それを観ていた残り3人の6年生も一生懸命に走り出しました。

私は試合を観ず、そっちばかりを見ておりました。

 

6年生の試合は9回制にしました。

途中からエースの6年生に投げさせましたが、ホームランと四球の繰り返し。

残り3名も走らせた後に一応、試合に出しましたが、エラー、走塁ミス、走塁ミス・・・。

という感じです。

最後はランナーが飛び出してゲッツーでゲームセット!

最後の飛び出したランナーも4名の中の1名です。

 

要するに取り組み方が大事。

考え方が大事ということです。

 

エラーは仕方ない!と私は普段から言ってはおりますが、内容が悪いというか話にならないという感じでした。

そしてもっと怒り飛ばしたのが5年生選手たち

 

「お前らチャンスじゃないか!今アピールせんでどうする?」

「ライトで先発出場させる時、監督は何て言ったか覚えとる?下手でも良いから声出せって言ったろうが!緊張して声が出ないなら野球辞めろ!」

「今年は6年生が試合で勝ったけど、来年、お前らの代は大丈夫か?甘えとったらつまらんよ」

 

私はあまり長く話をすることはないのですが、ちょっと試合後に話をしました。

 

先発した5年生は四球連発。

野手はエラー。。。

簡単なフライを落球⇒すぐに次のプレーができてない。

ランダウンプレーを何度も練習したのに悪送球で2点を相手チームへプレゼント!

初球のボール球に手を出して振り遅れてセカンドゴロ!

相手チームからもらったエラーのランナーはけん制で刺される。。。

チャンスの場面で初球を簡単に打ってアウト。

ホームランを狙っているのか、自己中心的なアッパースイングで三振。。。

フォーメーションミス!

 

書けばキリがないのですが、5年生にも腹が立ちました。

今日はかなり踏み込んだ内容で書きました。

最近、ちょっと強くなって調子に乗っている選手が増えたのかもわかりません。

なので、先日の佐賀での練習試合からボロ負けの形での4連敗!

調子に乗っていた子供たちには良い薬になったのではないでしょうか?

 

ただ、一番悪いのは私。

野球以外の指導もこれからは増やしてまいります。

 

今日もたくさんの親御様が応援に来られていました。

お見苦しい試合をして申し訳ございませんでした。

また、福間ジャイアンツ様にはダラダラとした試合を展開しまして本当に申し訳ございませんでした。

試合をしていただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました