監督ブログBLOG

バッサリ切る大賀監督~数ではなく質を重視~

小学生監督ブログ

いつも過激なブログで申し訳ございません。

見たくない方は見なくて良いです。

 

さて本題に入ります!

福岡チータ小学部では、この2年の経験を踏まえ、私はここ最近入部してくる親御様には少々厳しいことをお伝えしています。

変な家庭が1つでもあるとみんなが迷惑します。

なので最初に親御様には厳しいことをお伝えしております。

昔から

親を見れば子供がわかる!

子供を見れば親がわかる!

なんて言いますが本当にその通りなんですよね。

今日現在、福岡チータ小学部に変な家庭はいないですので安心されてください。

皆さまきちんとされたご家庭のみです。

 

私は体験で来られた時、お子様が野球が上手い・下手の前に正直、親御様も見ています。

下手な子、野球初心者でも大歓迎です。

家庭での教育がきちんとされている、志の高い子はすぐに野球が上手くなります。

 

前も話で出したかもわかりませんが、福岡チータ小学部には素晴らしい1年生2名がいます。

最初にこの1年生、2人がたまたま同日に体験に来られたんですよね。

親御様にお会いした時にコーチ陣、そしてその子を紹介してくれた方へ私はこそっと

 

「あの子は敬語は使えなかったけど、お父さんがきちんとしとったね。もう1人の子もご両親様ともに品のある方だったね。あの子、きっと上手くなるよ!1年生だけど野球をしている時の目つきが違うよ。良い育て方をされているように感じた。2家庭とも家庭環境が良さそうだったね。メールのやり取りも礼儀正しくきちんとした文面だった。」

 

なんて当時、偉そうに言ったと思います(笑)

その1年生2人は今背番号をもらって、試合に‘戦力’として出場しています。

2人の後ろ姿をご覧ください!

真剣に試合を観て勉強していますよね。

この姿勢が大事なんですよね。

改めてこの2家庭には入部いただきましたことに御礼申し上げます。

2人のおかげで本当に助かっています。

この1年生2人がいつも頑張っているから上級生も刺激を受けて上手くなるんですよね。

私はこの1年生2人をいつも練習中にいじって遊んでいます(笑)

カワイイですよね。

 

さて、福岡チータ小学部には毎日HPからお問合せがあり、体験に複数の方が来られます。

体験に来た初日は少しお子様と話をして、その後、体験の時にその子のことを判断しています。

野球が上手いとか下手とかを判断するのではありません。

そして親御様にお伝えするようにしています。

 

「この子はちょっと甘えたところがあるからそこから直さないといけない。うちは走らせたり厳しい練習もありますがそれでも良かったら入部を検討されてください。それが嫌なら今のチームを退部しない方が良い。」

 

「過去にスタメンから外れたり、背番号が下がった時に退部した子がいました。うちは全員平等に見ますがミスが多かったり戦力とならない場合は背番号が下がったり、背番号を渡さないこともあります。そこを理解された上で入部されると良いと思います。試合に出れなくなって退部してまた別のチームに・・・というのは子供のためにならないと思うんです。」

 

「うちは親同士の絡みはないですが、最低限、親同士、顔を合わせたら挨拶をしてくださいね。それができないなら他の少年野球チームに行かれてください。福岡チータは親御様の層を大事にしていますので。」

 

「走塁練習になったら体調不良で休憩、打撃練習になったら練習に戻り、またキツイ練習になったら体調不良・・・という奴がいました。そういう甘えた子はうちは一切相手にしないです。退部を促したことがあります。」

 

「うちは人数とかに困ってないので退部される時はLINEで一言いただければ即退部できます。ただ、入部して3ヶ月とか1年で退部するなら福岡チータ小学部には入部しない方が良いです。遊びの延長とか、走らせたら可哀想とか、試合に出れなかったら出れるチームに移籍するとか、過去にバカな親がいましたけど、そもそもスポーツに向いてないです。というか日本人に向いてないと思います。」

 

「本当に我が子がカワイイ、将来、しっかりしてほしい!と思うなら今のうちにきちんとした教育をすべきだと私は考えています。」

 

「今は自分の子供を怒ることのできないバカ親が多いんです。」

 

「この子は今、小学校のうちに教育をしておかないと中学校や高校で教育しても遅い。ちょっと元気の良い子なので福岡チータ小学部の厳しい環境で野球をさせた方が良いかもわかりませんね。」

 

「正直、この子は悪いです。この子は小学校に行っても中学校に行ってもイジメに遭うと思います。ただ、そうなった原因はご両親様ということを理解された方が良い。甘やかしすぎです。今からでも遅くないので福岡チータ小学部できちんとした人としての教育を受けさせた方が良いかもですね。でも、あまり手がかかるようなら途中で退部していただきますが良いですか?」

 

過去に上記のような失礼なことばかり言っている大賀監督です。

でも、全て本音で話をしています。

ちょっと私も忙しい人なので、ブログ途中ですが、今日はこのあたりで(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました