監督ブログBLOG

福岡チータで心技体を鍛える~監督の指導方針や考え~

小学部監督ブログ

中学校や高校のことを考えて今のうちからしっかりした技術指導をしてほしい!

どうせやるならお遊び野球ではなくガチ野球・勝利優先の野球をしてほしい!

全国大会優勝を目指して頑張ってほしい!

技術に加え挨拶や礼節を厳しく指導してほしい!

 

福岡チータ小学部はそんな保護者様の集合体です。

各ご家庭、保護者様の意識は非常に高いと思います。

福岡チータは創部時から一貫してお茶当番や送迎当番・親当番を設けておりません。

自分でできることは自分でさせるという監督方針の元、日々活動しております。

 

過去にはお遊び感覚や保育所に子供を預ける感覚で入部されたご家庭がありましたが、はっきり言って福岡チータには向いてませんし、目的が違いますので退部を促しました。

勘違いしてほしくないのは下手だから退部させるということは一切していません。

 

大賀監督は

 

一生懸命に取り組む下手くそは大好き!最後まで責任もってしっかり指導する!

 

といつもみんなの前で言っているくらいです。

 

指導対象が小学生のため、厳しい中でも指導者はいろいろな面を配慮した上で日々、指導にあたっております。

1年生から入部している選手2名(現在2年生)は高い目標を持ち、素晴らしいご両親様の子育て方針もあり、今では福岡チータ小学部の6年生選手に交じって試合に出場できるレベルになってまいりました。

また、2年生のサウスポーS君は入部時はキャッチボールもできませんでしたが、入部して半年で今では試合でヒットを打てるようになっております。

入部当時のことはこちらをご覧ください。

監督ブログで紹介しております。

成長って早いですよね。

⇒将来の主戦・S君(2年生)

 

福岡チータ小学部に入部しますと3ヶ月で見違える程、守備や打撃力が向上します。

そしてユーモアたっぷりの監督が小学生が飽きないように練習をさせています。

ただ、緩いだけではダレてしまいますので、時には厳しい言葉をかけたり、罰走をさせることもあります。

そのあたりはご理解ください。

1つ言えることは・・・

福岡チータ小学部では心・技・体が鍛えられます。

中学校で即戦力となる選手を育成しております。

 

練習場所ですが、いつもは博多区内のグランドを中心に東区雁ノ巣や西南杜の湖畔公園などの綺麗な野球場で練習しています。

監督や親中心の少年野球チームではなく、選手である子供たち中心、選手ファーストの少年野球チームです。

詳細は書きませんが練習や試合を観ているとそのあたりもわかっていただけるのではないかと思います。

一部分を切り取って見ると、「厳しいチーム」「緩いチーム」「監督が怒ってる」「監督が優しすぎる」など感じると思います。

過去に体験に来られた保護者様から実際に言われた言葉です。

でも、それは一部分を切り取ってしか観てないからそうなるわけです。

本当は見学に1ヶ月来て欲しいと思っています。

 

そうすれば、私の野球観や大賀野球、小学生選手に対する子育てに関してのブレない考えや方針、なぜ短期間で強くなったのか、なぜ子供たちが伸び伸び野球をやって、保護者もストレスフリーなのかがわかると思います。

福岡チータ小学部の子供たちは週末のチータの活動を楽しみにしてくれています。

それがこのチームの全てです。

嫌々、練習に来る子は1人もいません。

また、保護者様同士も仲良しで週末に福岡チータの練習を観ながらおしゃべりすることを楽しみにされているようです。

 

子供が野球が上手くなりつつ、保護者様同士も仲良しになり、パパ友、ママ友、お友達がたくさんできます。

とても良いことではないかと思います。

令和2年に創部しましてこれまで強豪チームを破ったり負けたり、いろいろありますが、そこそこの実力をつけてまいりました。

準優勝は多数、優勝2回、福岡市大会ベスト4、マクドナルド県大会出場という状況です。

令和6年は低学年主体のチームなので、正直、大会では厳しいとは思います(笑)

ただ、

 

「やるからには勝たなきゃ面白くない!」

 

ということで戦場に武器のない状態ですが正々堂々と戦いを挑んでまいります。

それが福岡チータの大賀監督の考え方。

 

こうやってブログだけ見ると、とても厳しい少年野球チームに見えてしまうと思いますが、実際は福岡チータは家庭的な少年野球チームです。

軍隊のようなことはあまりしていません。

監督のことが気になる方はXをフォローしてください。

どうでも良いことを日々つぶやいています笑

 

最後にもう一回書かせていただきます。

目的意識の高いお子様・ご家庭のご入団をお待ちしております。

ただ勘違いしてほしくないのは・・・・野球初心者、素人も入部大歓迎です。

お電話かお問合せフォーム公式LINEからお気軽にお問合せいただき、遊びに来る感覚で体験や見学にお越しいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました