監督ブログBLOG

福岡チータ中学部第1期生 親御様への説明会を初開催

中学部監督ブログ

「今のままでは小学生・中学生の野球離れが深刻化します」

「変な野球界の常識だったり、野球界の昔ながらの世間の感覚とズレた変な風習を変えたいと思って立ち上げます」

「学生野球界での常識は私の中や世間から見た時の非常識が多いと感じています」

「日本一の中学生チームを作りますので全て任せてほしい」

「素行の悪い子、親が変な家は一切相手にしない。誰でも入部させることはしません」

「送迎・お茶当番など一切なしにします」

「きちんとした技術指導を行い、高校に行っても即戦力で監督から使ってもらえるような選手を育てます。」

「怒鳴るだけの指導はしませんが時には本人のために厳しい言葉をかけます。それが可哀想と思うならスポーツはしない方が良い。」

 

そんな話をさせていただきました。

私、結構はっきり言います。

先日から若き峰コーチが福岡チータの指導者として入団されました。

 

「僕の小学生の時のチームも指導方針に口出しするなら他のことを子供にさせてください。みたいな感じのことを監督はおっしゃってましたね。」

「ある親と監督が言い合いしてたっていうのは聞いたことがあります(笑)」

「中学校の時は親の見学禁止でした」

 

とおっしゃっておりました。

まあ、峰コーチが在籍していたチームの監督さんと私、考えが一緒なんですよね。

私なんかと一緒にして申し訳ないですが。

でも、やっぱり本格的に野球を指導するようなチームの監督さんってそういう人というか、考えの方が多いのではないかと思います。

情熱があるということです。

選手である子供たちが可愛いから怒ってあげたり褒めてあげるのです。

どうでも良い子とか、どうでも良い家庭なら面倒なので関わらない方が良いでしょ?(笑)

こっちも忙しいから(笑)

昨日の夜、TwitterやHPで福岡チータ中学部にご興味を持っていただきました親御様が7組集まられ、これからの募集要項やチーム方針などに関してもお話をさせていただきました。

 

これ以外にもいろいろ話をしましたけど・・・ここではナイショです。

現在、こちらの7組のご家庭は全て福岡市内や福岡市近郊の少年野球チームに所属されているということでした。

各チームいろいろあるようですね。

不満だらけでした(笑)

 

「もし今から移籍できるならチータさんの小学部に入部させたい」

 

とおっしゃってくださった親御様もいらっしゃいました。

でもそのチーム、私が知っているチームなので移籍はできない旨をお伝えしました。

もちろん中学校からは私が指導しますのでご安心ください。

 

とりあえず初期メンバーを30名に絞って募集いたします。

上手い・下手は一切問いません。

本気で野球が上手くなりたい中学生、高校や大学で活躍できるようにそこに焦点を絞って福岡チータで練習ができる中学生を募集しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました