福岡の少年野球チーム[福岡チータ小学生の部]では
即戦力になれる選手を育成しています!

野球が上手くなりたい小学生だけ来てください

中学校や高校に行っても即戦力として活躍できる選手を育てます。
監督以外に 19歳〜29歳の若い現役の社会人選手も不定期に丁寧に指導します。
甲子園常連校や大学野球経験者から直接わかりやすく指導いたします。

親当番やお茶当番・お手伝いは一切ありません

少年野球でよくあるお茶当番や審判、車出し、テント張りなど一切ありません。
監督やコーチへの珈琲やお茶出しなどのお気遣いは一切不要です。
練習や試合に来られなくても大丈夫です。

短時間で効率良く練習&怒鳴る指導は一切しません

ミスをした選手を怒鳴ったり手を出したりすることはありません。
小学生の間は楽しんで野球をやってもらいたいですし、中学校や高校に行っても是非野球を続けてほしいと思っています。

挨拶と礼節が身につきます

監督やコーチへの挨拶、親御さんや野球関係者への挨拶を徹底させます。
教えてもらった時は「ありがとうございます」を徹底します。

基本方針

  • 監督やコーチのみならず野球関係者には挨拶をさせます
  • 強制参加の親同士の飲み会などはありませんが、皆さまのご意見によっては監督の判断で年に1~2回程度開催することがあります。
  • 練習や試合の時、親御さんの見学は不要でございます。(希望者の観戦は自由)
    お子様をグランドに連れて来られてそのままお帰りになっても大丈夫です。また、テントも立てないようにします(撤去の手間、各小学校やグランドへの配慮、親の負担軽減のため)
  • 丸刈りはしなくて良いです(丸刈りにして野球がうまくなるならしてください)
  • 効率良く短時間で練習します。
    1日練習は一切しません。グランド内でレベルやポジションに別れて同時進行で効率良く楽しく練習します。
  • 福岡チータに父母会はありません。会計係や当番も一切ありません。代表でもある監督が全てやります。
  • 年に1回、子供たちにプロ野球選手の気分を味わってもらうため、ナイター練習や、ナイター練習試合(相手は社会人選手)も企画しております。
    また、プロ野球オフシーズンはみんなでキャンプ観戦や、シーズン中にペイペイドームでの野球観戦も企画しております。

保護者の方へのお願い

チームの方針として、人の道具は使わないとしております。バットやグラブ、ヘルメットは自分のものを使用させてください

衛生上(コロナ対策)の問題やトラブル防止のため

ユニフォーム・スパイク・ヘルメット代(2万〜2万5千円程度)が最初かかります

個人でヘルメット・バットなどを所有することで道具車を廃止し親の負担を軽減しています。

よくあるご質問

何歳から入れますか?
小学1年生〜6年生までです。ただし、所属メンバーのご兄弟などはご相談に応じます。
入会金・部費はいくらですか?
入部金はありません。部費は毎月5千円です。最初にユニフォーム代(帽子やベルト・シャツ・ストッキング含む)とスパイク・ヘルメット代が必要です(2万円〜2万5000円程度)。
バットやグローブなどの用品購入の相談には乗ってもらえますか?
もちろんです。何でもアドバイスさせていただきます。
普段はどこで練習しますか?
決まったグランドはありませんが、博多区や中央区が中心になります。
無料の送迎もしますのでご安心ください。
いつ練習しますか?
毎週土日、平日1日を予定しています。平日練習に関しては来れる方のみ参加してください。平日練習は17時〜19時を予定しています。
土日の練習は午前中のみ、または午後のみになります。(1日練習はしません)
なぜ1日練習しないのですか?
だらだら1日練習するよりも短時間で集中して練習する方が上達します。
また、小学生なので、親御さんとの時間も大事にしてほしいと思っております。
愛情をたっぷり注いで育ててあげてください。

監督の方針・考え方

私のチーム方針は、小学生のお子様には野球の楽しさ、そして野球ができる‘ありがたみ’、親の‘ありがたみ’を指導してまいります。
福岡チータは社会人の部と、少年野球チームとして小学生の部があります。
人数が30名未満の間は社会人も小学生も同じ球場で内外野に分かれて一緒に練習します。小学生の指導は監督に加え、10代〜30代の甲子園常連校出身の若い大学生選手や社会人選手が中心となって指導いたします。

少年野球にありがちな怒鳴るだけの指導や、言葉の暴力は一切ありません。どちらかと言いますと私は褒めて伸ばしてあげたいと思っています。
私の考え方としまして、小学生の間は楽しく野球をやっていただきたいと思っていますが、ただ楽しいだけでなく、技術面もしっかり指導して中学校や高校に行っても即戦力として通用するような選手を育ててまいりたいと思っております。
また、ご両親様にはゆっくりお子様たちが野球をしている姿を見ていただきたいと思っておりますので、お茶当番、グランド整備、審判、テント張りなどは一切必要なしというのが私のチーム方針の1つでもございます。福岡チータには保護者会や父の会や母の会というものは存在しません。もちろん面倒な会計係なども一切ありません。

「少年野球に行くのが面倒」
「〇〇さんは面倒くさい。」

など、経験されたことのある親御さんも多いのではないでしょうか?
福岡チータは親や監督が中心となる少年野球チームではなく、選手であるお子様が中心のチームです。
親同士のいざこざは一切ありませんし、発覚した場合は双方ともすぐに退団していただきます。

選手であるお子様には試合に勝った時の嬉しさや負けた時の悔しさを経験してほしいと思っています。練習や試合でお子様に無理をさせることは絶対にありませんし、笑顔で楽しく 練習や試合ができる環境を作ってあげたいと思っております。
小学校で燃え尽きるのではなく、技術的にも人間的にも成長をさせて中学校に引き継ぐ!というのが私の考え方です。

ただ、うちのチームの悪い点としましては現時点で決まったグランドはありませんので、都度、活動場所が変わります。
その場合、無料送迎もありますのでお気軽にご利用ください。

福岡チータでは1日練習は一切しませんし練習も強制参加ではありません。各ご家庭の都合もあると思いますし、小学生の間はたまにはお子様と遊びに行くことも大事だと思いますので、試合や練習を休むのは大丈夫です。ただ、ほどほどに(笑)

少年野球人口が減少する中で、日本全体で少年野球の運営方法やあり方についていろいろ考えないといけない時期になっているのではないかと個人的には思っております。たくさんの方々からのお問合せをお待ちしております。
お気軽にお問合せください。