監督ブログBLOG

「監督に預けて良かった 家でも生活態度が良くなりました」

監督ブログ

先日、ある保護者様からLINEをいただきました。

 

「福岡チータに入部して以降、最近は本人のモチベーションがかなり高くなり、毎日、近所を走るようになりました。監督から言われた言葉、‘その通りだと思った’と言って、家の中でも以前よりもかなり生活態度が良くなり、大賀監督に子供を預けて良かったです。いつもご指導ありがとうございます。」

 

かなり端折っていますが、嬉しいお言葉をいただきありがとうございます。

福岡チータ小学部・中学部の子供たちには「みんな仲良く」という指導はもちろんのこと、チーム内でサポート体制を整えています。

サポート・・・って言うと親がサポート!って思われるかもわかりませんが、そうではなく、先輩は後輩に教えてあげる。

威張るだけが先輩ではないということです。

1人で悩んでる選手がいればキャプテンや先輩が優しく声をかけてあげる。。。

野球部の先輩って、威張ったり、後輩に何かを頼んだり・・・

私の時代はそういう時代でした。

いつも殴られたり、走らされたり・・・って感じでした。

でも、私はその変な野球部の風習をなくしたいと思ったので、福岡チータでは

 

「言葉遣いがなってないからきちんと教えてやれ!あのままだと高校に行ったらいじめに遭う」

「捕球の仕方が悪いから教えてやれ 悪いクセがつくとなかなか直らないから」

 

という感じで監督が指導する以外に先輩が後輩の指導をすることも行っております。

それが福岡チータの良い伝統になっています。

中学2年生に1年生の指導をさせることもあります。

先輩は威張らず、後輩も先輩に対して敬意を込めて真剣に先輩の話を聞いています。

私は、ここが一番大事なんじゃないかと思ってるんですよね。

これから成長する上で・・・

 

まあ、今日もいろいろ書きましたけど明日は社会人立ち上げに関して、新マネージャーさんとお会いしてきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました