Slider

裁判で明らかになった駒沢大学野球部でのイジメについて語る

裁判で明らかになった駒沢大学野球部でのイジメについて語る

監督ブログ
先日、高校野球強豪の花咲徳栄高(埼玉県加須市)が優勝した時の野球部主将(21歳)が強盗致傷で逮捕されました。
ただ裁判が始まると信じられない駒沢大学野球部での先輩からの陰湿なイジメや暴力事件が明らかになりました。
 
「深夜2時、3時までコンクリートの上に正座させられたり雨の中、傘もさせずに先輩たちの買い出しに行かされたり、たばこの火で根性焼きさせられた。3月から9月に退部するまでほぼ毎日ありました」
 
もちろん強盗はいけないことです。
ただ裁判で明らかになったのは先輩からの信じられないしごきや暴力の数々。。。
この一件で元主将は駒沢大学を中退して人生が狂ったことは間違いないと思います。
駒沢大学野球部在学中に元主将は花咲徳栄高の恩師である監督に相談したら「耐えろ」と言われたらしい。
耐えられることではないと思います。
もっと違う言葉をかけたり、もしくはそれを聞いた時点で大人が行動を起こせなかったのかと思います。
こんな変な野球部の風習で将来ある能力のある選手が潰れていってしまっている事実があるということです。
私たちの学生時代もこんなことがありました。
私の同級生ですごい奴がいたんですけどね。
「こんな奴がプロ野球選手になるんだな」というような素晴らしい奴でした。
ただ彼も当時、先輩からの暴力で野球部を退部しました。
いじめる先輩って大体、野球が下手な奴が多いんですよね。
そして社会に出ても仕事で使えない奴が多いんですよね。
野球部ってなんか変な風習がいまだにあります。
 
今回、駒沢大学野球部で明らかになったこの事実は後輩に対するしごきではなく、単なる弱い者いじめであり、傷害事件です。
こんなつまらん先輩しかおらん野球部に誰が行く・・・。
駒沢大学学長・野球部監督の責任も大きいと思います。
「知らなかった」
では済まされない問題だと思います。
 
こんな傷害事件を起こしていまだに駒沢大学野球部で野球をやっている加害者を退部させるべきだと私は思いますがみなさんがどう思われますか?
そして傷害事件として警察に被害届を出すべきだと思います。
日大のアメフト部でもいろいろありましたよね。
今の時代は昭和ではありません。
令和です。
1人1人が当たり前のようにスマホを持ち、車はプッシュボタンでエンジンがかかり、なおかつ一部車種では運転支援機能(自動運転)が装備され、5G時代を迎えて医学界においても手術も遠隔手術ができる時代になりました。
夫が育児休暇をとる時代で、365日24時間営業の警察組織でも働き方改革が行われている時代なんです。
ダルビッシュさんも言っていたが、強制坊主・しごきなど野球部ならではの変な風習がまだあるということなんです。
将来プロ野球選手になれる実力ある少年が野球を辞めているということなんです。
 
アメリカのように「野球を楽しんでやるべき」だと私も思っています。
メジャーリーグの関係者・選手が来日して日本のプロ野球選手の練習を見た時に
「なんであんなに練習するんだ」
「投げすぎだ」
と驚いていたようです。
また別のメジャーリーガーが日本のある少年野球の練習を観に行った時
 
「なんで監督はあんなに子供たちを怒ってるの?」
「あの子たちは何かしたの?」
 
と唖然としたようです。
日本に生まれ、日本に住んでいると当たり前のことでも海外の方々から見ると「日本人っておかしい」って思うところはいろいろあるということです。
私は海外の方々と一緒に仕事をすることもあります。
その時に決まって私は同じ質問をします。
「日本人と〇〇の国の方々の違いってなんですか?日本に来て驚いたことはありますか?」
するとアメリカの方、香港の方、韓国の方、イギリスの方・・・
それぞれ日本人の良い部分と悪い部分をおっしゃっていただけます。
いろいろ書きたいのですが当たり障りのない範囲で書くと
「日本人は閉鎖的・保守的な人が多い」
「日本の鉄道システムは素晴らしい。時間が正確すぎて驚いた。」
「クレーマーが多いイメージがある」
なんておっしゃいます。
確かにそうなんですよね。
さて、話は戻りますが強盗という犯罪は許されるものではありません。
ただそこに至るまでの経緯を見れば被告人に同情する余地はあります。
強盗という罪は執行猶予がつかない重罪ではありますが、元主将(21歳)に判決後、罪を償って社会の中でもう一度再起してほしいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました