Slider

人柄・態度・野球がどれだけ好きかで技術は自然と身につく

人柄・態度・野球がどれだけ好きかで技術は自然と身につく

小学生監督ブログ

昨日のミーティングでは福岡チータ小学部初代エース&4番のヒナタ君を褒めました。

勘違いしてほしくないのは野球が上手いから褒めたのではありません。

普段の練習態度や監督の話を聞く姿勢、そして練習の時も試合の時も常に目配り・気配りが本当によくできている。

練習中も試合中も副キャプテンとしてよくみんなを注意してくれています。

勝つためにどうすれば良いのかを良く知っています。

 

「試合に出たい」「ピッチャーがしたい」

 

なんて言う小学生が多数です。

それも良いことだと思いますが、ヒナタ君はそうではありません。

ピッチャーがしたい時でも

 

「ヒナタ、サード守れるか?」

 

って言ったら「はい!」と大きな声で返事をしてくれます。

 

「ヒナタ、次の試合、迷惑かけれんから投げてくれるか?」

 

と昨日の2試合目の前に私が彼に伝えると「はい!大丈夫です」と返事をしてくれました。

もし彼に

 

「1試合目はベンチに居てくれるか?」

 

って聞いても彼は「はい」と答えて、一生懸命に声を出して仲間を応援すると思います。

ヒナタ君はそんな男です。

彼は本当に野球が大好きで、そして常にみんなのことを考える。

彼の人間性の素晴らしさが全てのプレーに出ています。

 

福岡チータでは子供たちにできることはさせる!

という方針でやっています。

写真をご覧ください。この1枚の写真が全てを物語っています。

試合前にライン引きをさせましたが、ヒナタ君が中心となって距離などを測りラインを引いてくれていました。

ルールなどにも非常に詳しいので彼に任せておけば正直安心です(笑)

単純に野球が好きではなく、大好き。超好き。なんですよ。

 

「ライン引くから2人だけ残って後は打撃練習に行け!」

 

という監督の指示に真っ先に「僕やります」と手を挙げてくれるのがヒナタ君。

本当は打ちたいと思うんです。

だけどそれを我慢してラインを引いているんです。

彼は普通の小学生とは違って、別次元で物事を考えることができ、別次元で野球をやってくれています。

 

いつだったか覚えてないのですが、私はそんな素晴らしいヒナタ君のことが気になってご両親様に彼の普段の生活や小さい頃からのお話をお聞きしたことがあるんです。

野球が大好きなようで練習がない時はいつもYouTubeとか見て野球を勉強しているようです。

向上心の塊なんですよね。

そして、道具も大事にするし、道具と同じくらいにグランドも大事にしてくれています。

親御さんのことも本当に尊敬して、親御さんを大事にしているのが伝わってきます。

春休みの平日練習の時に私はヒナタ君と弟のカナタ君を車で送迎したことが何度かあったのですが、その時にいろいろ感じました。

普通とは考え方が違いますし、非常に礼儀正しい。

 

「お父さんとお母さん大事にするだよ。」

 

私にはその一言しかかける言葉がなかったです。

昨日の試合ではヒナタ君、好投してくれましたし、ホームランも打ってくれました。

2日連続でのピッチャーは疲れていたと思います。

もちろん昨日の試合では球威はありませんでしたが、彼なりに考えてよく投げてくれました。

打者としても「打ちたい」だけではなく、大差が広がった試合では「塁を埋めよう」ということで際どいボールを見逃して、粘って粘って四球で出塁してくれるんですよ。

私はホームランよりもそっちの方を高く評価しています。

 

走塁ではミスがありましたが、私は彼の野球に向き合う姿勢であったり、彼の人間性を非常に高く評価しています。

ただ足は正直、速くはありません(笑)ごめんなさい(笑)

でも、もし大事な試合で肩の故障などで彼がベンチいたら私は彼を代走に指名すると思います。

足の速い選手ではなく、ヒナタ君を指名します。

ヒナタ君なら盗塁はできなくてもピッチャーにプレッシャーをかけてボークを取って来れるのでは。。。

塁上でプレッシャーをかけてバッターに四球を‘プレゼント’してくれるのでは。。。

という感じでヒナタ君が塁にいたら何かしてくれると思うからです。

土日は連続で4試合させていただきましたが、いろいろなことを学ぶことができました。

課題もたくさん見つかりましたのでしっかり練習して出直しです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました