監督ブログBLOG

本人にやる気がなければ上達は難しい

小学生監督ブログ

最近入部に関するお問合せを多くいただきます。

見学にお越しになられた時にお伝えはしますが全ての方へ1人づつ説明となると大変なので、本日はメールやLINEで回答させていただきましたが一応、ちょっとした福岡チータ小学部の決まりについて書いておきます。

1年前に小学部を立ち上げた時に

 

福岡チータ小学部は当初大所帯での活動を考えてまして・・・とりあえず入部させる!

 

的なことをしていました。

ただ、これからはある程度、最初に福岡チータならではのルールや、社会人としての常識的なルールなどお伝えさせていただきましてご理解いただきましたご家庭・お子様へのみ入部を許可するという形を取りたいと思います。

数よりも質ということです。

子供が野球が上手いとか下手ではないですよ。

いつも書きますが下手だから入部させないとかは一切ないです。

本気で野球をしたいという子供なら熱意を持って指導させていただきます。

下手くそだけど挨拶をする・一生懸命に取り組む子は監督大好きです。

 

ただ、残念ですが常識のない親御さんもたまに体験に来られます。

過去には見学に来て我が子を怒鳴り散らすお母様もいらっしゃいました。

 

「あんた!何やってんの!」

 

要するに子供は野球が好きではなく、親にやらされているんですよね。

私はこちらのお母様に

 

「もう一回、家で息子さんとお話をされて本人がやる気がある、野球が好きということならもう一度連れて来られてください。やらされているうちは上手くならないと思います。」

 

とお伝えさせていただきました。

本当に野球が好きで野球が上手くなりたいという子供なら入部は大歓迎です!

‘親に無理やり野球をやらされている’

‘保育所代わりに福岡チータを利用する’

という子供は絶対に上手くなりませんし他にやりたいことがあるならその道を親として応援してあげるべきだと思っています。

ピアノ教室でも良いし英会話教室でも良いしサッカーでも良いしラグビーでも良いと思います。

子供がしたいことをさせるのが一番なんですよね。

福岡チータ小学部をなんで立ち上げたのか!

話せば長くなりますが、今の少年野球を変えたいと思って1年前に立ち上げました。

福岡チータだけが強くなれば良いとか、福岡チータだけ選手が増えれば良いとかそんなことは一切思っておりません。

 

野球界全体で今の野球不人気になった原因を本気で考えないといけない時期になっているのではないかと思っています。

 

私は相手チームの小学生が良いプレーをしたら当然ながら拍手をしますし、相手チームの小学生が試合後にトイレで泣いていたら「将来良い選手になるから今は辛抱して今は頑張れ!結果は必ずついてくるから」なんて言ったこともありました。

自分のチームの試合中でも隣のグランドからホームランボールを追っかけてきた小学生に声援を送ったことも最近の話です。

自分のことはあまり言いたくないですがそれが全てです。

 

私は選手ファーストではなく監督ファーストや親ファーストの一部のチームが少しでも変わってくれたら良いな~と陰ながら思って立ち上げたのが正直なところです。

私は1年前に福岡チータというチームを立ち上げました。

福岡チータにいる選手は半分以上は初めて野球をする子供たちです。

ただ中には前のチームを辞めて来た子供もいます。

一部少年野球チームの監督が

 

「福岡チータは別のリーグやチームから選手を引き抜いている」

 

と事実無根の作り話をしているようですが引き抜きなど一切していません

福岡チータの発信力と勢いがあるからだと思いますがそんなことを言うアホ監督や代表がいるようです。

そういう奴に限って現役時代大したことのない奴だったり、仕事で稼げない、使えない奴が多いんですよね。

いつも私は炎上覚悟で過激な発信をしています(笑)

 

冗談は置いといて・・・

引き抜いたり無理やり勧誘すれば筋が通らなくなる。。。

スポーツマンでなくなる。

そしてそのチームや監督に迷惑がかかる。。。

私はそこまでして選手がほしいとは一切思っていません。

 

福岡チータという素晴らしいチーム・環境で一緒に楽しく野球をして高い技術を身に着けてくれて高校や大学でピークを迎えてくれたら良いな~って思っています。

私は体験に来られた方やお問合せのあった方へ営業をかけたり、何度も電話で勧誘したりしたことは一切ありません。

 

「福岡チータはどうせやるなら強いチームを作りたいと思っています。やっぱり中途半端はいけんと思っています。 うちでも良かったら入部されてください。他にも良い少年野球チームはたくさんあると思いますのでいろいろ回って見て指導方針とか私の指導方針や考えに共感された場合だけ入部されてください。」

 

と昨日もある新入部を検討されている親御様にロイヤルホストで話をしたところです(笑)

言葉の暴力や親同士のトラブル、一部指導者が原因で退部して福岡チータ小学部に入部された方もいらっしゃいますし今日もそのような親御様から入部に関するお問合せをいただきました。

ただ先日も体験に来られた親御様にお伝えしたのですが

 

「いくら何があったとしても前のチームの監督さんには社会人として‘お世話になりました’と挨拶をして退部されてから福岡チータに入部されてください。嫌なことがあったかもわからないですが、前のチームの監督さんにはお礼はきちんと言った方が良いです。実際、高校生や大学生を指導するよりも小学生を指導するのって大変ですから。」

 

と伝えています。

私は少年野球チームを立ち上げてちょうど1年になろうとしていますが、本当にいろいろ勉強になりました。

仕事でも野球でも客層というか育ちは大事ということなんです。

詳細は書きませんけどね。

福岡チータにも昔、困った保護者がいたんですよ。

自分の子がカワイイのはわかるけど、親離れ・子離れができてないんですよ。

アホ親なんですよ(笑)

 

いろいろ厳しいことを書きましたが(笑)

普通の家庭で普通のお子様であれば喜んで入部を受け入れますし、野球未経験のお子様でも丁寧に一生懸命に指導させていただきます。

変な人が1人でもいるとそれがチーム全体に広がってしまうし、その親があることないこと言って他の親を洗脳したりするんですよね。

何度も言いますがそんな親を持つ子供が可哀想です。

ブログでも一部書いておりますし、お電話でも一部の新入部希望者様にはお伝えいたしましたが実力主義を掲げておりますので脱落してしまうお子様もいるかもわかりません。

調子が悪く、試合に出れなくなったら理由をつけて退部する。。。

背番号が2桁になったら退部する。。。

いろいろな人がいらっしゃいました。

 

私からしますと「そんなので良いのか!」「そんなので中学校~高校でやっていけるわけがない!」と思っています。

親の考え方や教育って大事ですね。

でも、私は基本的に上手い子以外は一切試合に出さない!

とかではなく、練習でも試合でも同じようにチャンスは必ず与えています。

ただ、試合に出すには最低限の挨拶や礼儀が親子ともどもしっかりしていることが大前提です。

 

子供は親の背中を見て育ちます。

子供が元気いっぱいにプレーしている姿を見て親も成長できます。

 

それが福岡チータ小学部の良いところだと思います。

挨拶もしないようなバカ親は私は一切相手にしません。

だいたいそういう家庭は子供も横着な子が多いです。

先日、ある中学校に臨時で指導に行ったんですけどね。。。

正直、子供たちを見てカワイイとか、教えてやろう!とか全く思わなかったですね。

ただ、そうしたのは監督の責任が大きいと思います。

それはそのチームの監督にもお話して、私は1時間程度で帰りました。

どこも一緒かもわかりませんが、福岡チータ小学部は野球塾ではありませんので付きっ切りで1人に指導することはできません。

学校と同じように先生が教壇に立って、まずは全体に打ち方や投げ方、サインプレーなどを指導します。

そこでわからない時やくせが治らない気になった子は個別でも指導する時もあります。

子供たちには

 

「わからない時は監督とコーチに聞きに来い」

 

って伝えております。

聞きに来なければ技術がいつまでも向上しないこともあるかもわかりません。

 

実は先日、練習試合のお誘いをいただきましたがその日がちょうど完全オフの日になっておりましてお受けすることができませんでした。

T監督様、また是非お願いいたします!

 

福岡チータ小学部は今目の前の試合を勝つためだけに練習をするのではなく、中長期的なことを考えて指導をしております。

たまたまヒットになったよりは技術の裏付けがあって打ったヒットの方がこれから中学校や高校で野球をするには絶対に良いと思うからです。

 

投手陣にも言えます。

投手陣の投球数もある程度私の中で制限しております。

もう少しで勝てるから無理して投げさせよう。という発想はなく、その場合でも2番手3番手投手に投げさせます。

なので今、2番手~4番手の投手も育てております。

子供はまだ体も骨もできていませんから無理なことは一切させません。

特に練習試合においては勝ち負けよりも内容重視だと思っていますのでポテンヒットを打った選手に

 

「ナイスバッティング!」

 

なんて言うことのない監督です。

そこは厳しいかもわかりません。

望むことが高すぎるよ!なんて親御様から言われたこともあります。

ポテンヒットを打った選手よりもライナー性の捉えた打球を打って野手の正面をついてアウトで帰ってきた選手は褒めております。

仕事で野球でも結果オーライはダメということなんです。

 

いつも子供たちには

 

「全てにおいて高いレベルで物事を考えていかないといけない」

 

とは伝えております。

そうすれば将来立派な野球選手になる時が来るのではないかと思います。

いつもたくさんのお問合せ本当にありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました