監督ブログBLOG

少年野球未経験の3年生が早々に上達した理由~そっと最愛の息子を見守るご両親様の影響が大きい~

小学生監督ブログ

写真は現在3年生のH君です。

今年入部されたばかりのお子様です。

親御様にも本人にも失礼かもわかりませんが、許してください。。。

彼は入部当初、メチャメチャ下手でした。

当たり前です。

野球をしたことがないのですから。

(ただ私の小学校時代よりは上手いです。私はめちゃくちゃ下手だったので試合に出た記憶もないです)

 

ただ彼は性格が素直でよく人の話を聞きます。

私がたまに送迎をするんですが「寝てていいぞ」と言っても一切寝ずに正面を向いて大人しく座席に座っています。

最初の頃はティー打撃をしても50球振って49球は空振りしていました。

でも何度空振りしても一生懸命にバットを振り続けているH君に私は心を打たれました。

 

ある日の練習の時でしたが、私は遠くから見てないふりをしてずっとH君の取り組み方を見ていました。

もちろんノックを受けても外野フライは1球も捕れないですし、ゴロもほぼ捕球できません。

ただ、ユニフォームの膝の部分を真っ黒にしながら小さな体で一生懸命にボールを後ろに逸らさないようにノックを受けていました。

以前、外野の全選手の前で言ったことがあるんですよね。

 

「格好つけて綺麗に捕球することはない。とりあえず体で止めたらホームランは防げる。最初はそれでいいんじゃない?」

 

綺麗に捕球できないなら体で止めてやる!

そんな思いがすごく伝わってきましたし、その取り組み方を見た時に「この子は将来良い選手、社会人になる」と確信しました。

 

そんなH君にある日思い切った技術的な提案をしました。

最初は慣れないフォームで打てませんでしたがここ最近の練習ではヒットが打てるようになりました。

先日の公式戦では初ヒット・初タイムリーを放ってくれました。

 

H君のご両親はお仕事で来れないことが多いのでこの日も不参加でしたが、試合後に私はすぐにお母様にお知らせしたくてLINEを入れました。

 

「H君、初ヒット打ちましたよ!しかも2本!おめでとうございます!」

 

なんとか1分1秒でも早くこの活躍を伝えたかったというのがありましてすぐに連絡させていただきました。

ここで言いたいのは私自身は大した指導者でもありません。

今回の2本のヒットは本人の努力の成果だということです。

 

「下手だからもうやめよう!あきらめよう!」

 

ではなく、何とか上手くなりたい!せっかく野球をやらせてもらっているお父さんとお母さんに恩返しをしたい!という気持ちで日々練習に取り組んだ成果が今回の2安打ということです。

私は選手たちによく言う言葉があります。

 

「お前ら活躍してお父さんとお母さんに恩返しせえよ(広島弁でる)」

 

もう1つは仕事でも勉強でもスポーツでも努力なくして栄光なしということです。

6年生になった頃はひょっとするとすごい選手になっている可能性も十分にあります。

私としてはそのお手伝いができればと思っています。

 

ここではあえていろいろ書きませんが1つ言うならH君のお父様もお母様も野球未経験ですしお仕事も多忙で土曜日は来られません。

試合中、静かに見守っていらっしゃいます。

H君の活躍の影にご両親様の存在があるということです。

決してH君だけが凄いのではないということです。

 

以前、全保護者様にもそのあたりのお話をさせていただいたことがありますが昔、試合中に子供たちのベンチの裏に来て

 

「ああやって打て」

「こうやって打て」

「打席で声出せ」

「こうやったら打てる」

 

という感じの保護者さんがいらっしゃったんですよね。

私から言いますとアホ親ということです。

百害あって一利なし!

というのはそのことです。

いろいろな人がいろいろなことを言うから子供はわからなくなるんですよね。

それに気付かない、野球をかじった程度のバカ親です。

すごいこと書くでしょ?

わざと炎上するように書いているんですよ(笑)

 

お父さんからのアドバイス。。。それは選手である子供たちにはマイナスでしかないということです。

小学生の子供なのでカワイイのはわかります。

ただ選手のコントロールは全て監督やコーチに任せた方が試合に勝てますし、技術も向上するということです。

試合中に親がそんな余計なことを言ったら打てないですし、守備でも必ずエラーをしてしまいます。

プレッシャーをかけている以外の何物でもない。

 

H君、彼はこれからも進化を遂げていくことでしょう。

ただ、影にはそっと最愛の息子を見守るご両親様の影響が大きいということです。

親御様の教育方針も素晴らしいと思います。

H君、監督はこれからもH君を応援しています。

将来、立派な男になってくれると思います。

頑張ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました