監督ブログBLOG

卒部記念!年に1回の親子試合開催

小学生監督ブログ

今日は午後から6年生の引退を記念して1年に1度の「親子ふれあい卒部記念試合」を開催いたしました。

雁ノ巣硬式球場を借りての試合。

福岡チータならではの贅沢な1日となりました。

ボカシを入れておりますがこの2枚の写真を見てまずは皆さまどう思われますか?

 

入部したばかりの選手も多数いますがみんな楽しそうでしょ?

これが福岡チータ小学部の強さの秘密です。

勝手に「強い」とか言っていますが正直、大したことないチームです(笑)

今日は休みの選手もいたので全員で撮影はできなかったのですが集合写真も撮影させていただきまして保護者様へプレゼントさせていただきました。

元々、大学まで野球をされていたというお父様も複数参加されましてレベルの高いプレーをたくさん見せてくださいました。

1年に1度の親子ふれあいということで、親御様もとても楽しそうに野球をされていました。

午前中はサインプレーや走塁練習など、緻密な野球を子供たちに叩き込みました。

福岡チータ小学部はいつも言いますが派手な打撃ができる選手、剛速球が投げれる投手は1人もいません。

小さな力をみんなで大きな力に変えて毎試合戦っている状況です。

投手候補は現在10名ほどいますが全投手のフィールディング練習やけん制練習も時間をとってやってみました。

 

そしてお昼は2部に分けての‘休憩稼働’をしてお昼休憩をしてないグループはランチ特打を実施しました。

どうやったら子供たちに効率良く、そして飽きないように練習をさせてあげれるか・・・

私はいつもそんなことを考えながらグランドで子供たちと向き合っています。

もちろん私には休憩なんて言葉はありません。

子供のために私は微力ではありますが一生懸命指導させていただいているつもりです。

 

お昼はみんなで仲良くお弁当を食べていました。

一部を公開いたします。

おにぎらずをお母さんが作ってくれたという6年生。

とても良いお母さんですね。

子供たちが美味しそうにお弁当を食べるのを見ながら私は

 

「お父さんとお母さんに感謝しないとだめだよ 親を大事にするんだよ」

 

というのが日課になっています。

野球部の監督である以上は技術指導はもちろんします。

高いレベルで指導させていただいているつもりです。

ただ、それ以上に‘これから生きて行く上で’と言えば大げさかもわかりませんが野球以外の指導をすることも多いような気がします。

 

お父さんとお母さんがいて、野球道具を買ってくれるから野球ができる!

 

これはいつも選手である子供たちには伝えています。

そういう気持ちを持ってないと野球も上手くならないと思いますし人としての成長はないでしょう。

これが私の基本的な考えです。

そして今日も一部の親御様は秘密兵器を持ち込んで暖をとっていらっしゃいましたね。

寒いということで温かいものが食べたくなるのもわかります。

親御様も子供たちもカップラーメンを食べていました。

 

いろいろ各御家庭、アイデアを出していらっしゃるんですよね。

さて・・・

話は逸れてしまいましたが来週からは来れないということもあり、今日で6年生1名が卒部となりました。

最後、みんなで爆笑胴上げをしました。

 

その他の6年生は26日に卒部ということになります。

ただ、福岡チータ小学部は卒部生へのプレゼントとしまして1月~3月まで月謝無料でグランドが使用できます。

自主トレや、たまにノックに交じって練習することも可能です。

親子試合ではたくさんの親御様にご参加いただきまして本当にありがとうございました。

子供たちも良い思い出になったようで良かったです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました