監督ブログBLOG

チャンスは何度も与える&福岡チータで補欠の方が子供が心身ともに上達する

小学生監督ブログ

まずは上の写真をご覧ください。

先日のマクドナルド杯の前日の練習終了時にキャプテンと副キャプテン、主力組を集めて大賀監督の破天荒な発言が飛び出します。

 

「お前らでスタメン決めていいぞ」

 

よく考えて話合って決めていました。

守備位置や打順なども私ではなく、子供たちに決めさせました。

結果的には負けてしまったんですけどね(笑)

でも、いろいろ・・・私もそうですが、子供たちにとっても良い経験になったと思いますのでこれはこれで良しとしましょう!

日曜日の試合では3年生を思い切ってスタメン起用したり、途中から2年生を出したり、代打で起用したり。。。

いろいろしました。

今週末からは練習試合もいろいろ組んで行き、試合慣れさせたいと思っています。

先日、ある親御様とやり取りをさせていただきました。

 

「息子さんにもう一度チャンスを与えたいと思っています。私は選手を潰すようなことは一切しない。ただ、プロ野球の世界と一緒で何度も永遠にチャンスを与えることはしないので結果を出してほしいと思っています。」

 

とはっきりとお伝えさせていただきました。

練習で守備が上手くても、練習で良い打球を飛ばしても、試合で結果が出せないならそれはスターティングメンバーや代打、守備固めでの起用はできない。

ということなんです。

野球の世界、勝負の世界は厳しいということです。

一発勝負なんです。

福岡チータ小学部の選手たちは逸材揃いです。

ただ、試合で負けたらそれは単純に弱いということです。

いくら能力が高くても試合で結果が出せないチームは弱いチーム。

結果が出せない監督はダメ監督です。

 

私も選手と一緒に戦っています。

この試合が最後かも・・・と思いながらいつも必死になって子供たちと一緒に戦っています。

負け続けるということは私が辞任して後輩にバトンを渡さないといけないということです。

最初は「たかが少年野球」と思っていましたが、子供たちが必至になって戦う姿を見て「俺も本気にならないといけないな」と思ってきました。

私が甘かったということです。

今週末日曜日は練習試合です。

この試合でいろいろ試してみたいと思っています。

4月からまた新戦力が多数加入してまいります。

実力あるものがレギュラーを勝ち取ります。

 

弱肉強食

 

高校野球や大学野球、そしてプロの世界も甘くはない。

いつも子供たちにはそのようなことを伝えています。

今週末日曜日の試合でもいろいろチャンスを与えてみたいと思います。

まずは土曜日の全体練習での子供たちの取り組み方を見ていろいろ決めたいと思っています。

うちの子は出れないからやめる

 

なんだかんだ理由をつけて・・・要するにそういうことなんです。

寂しいことにそういうご家庭がこれまで複数ありました。

そして〇いチームへ移籍。。。

人数が〇ないチームへ移籍。。。

いろいろ理由をつけたり私の文句を言ったり(笑)しますが、本当に信念があるなら強豪と言われる少年野球チームに移籍すれば良いし、人数が多い少年野球チームに移籍すれば良いと思うんです。

 

親の甘やかしでしかないということ。

そしてそういう子供は将来どうなるか・・・。

大きな事件を起こさないかと私は心配しています。

 

皆さん、そう思わないですか?

これでは子供にとって百害あって一利なしということです。

高校野球において強豪校と言われる高校には100名以上の部員がいます。

秀岳館高校さんは300名の野球部員がいます。

そして、強豪と言われる高校や大学には全国から注目された中学生選手~高校生がどんどん入部してくるわけです。

 

そこで「出れないから別の高校(大学)へ・・・」はできないわけです。

 

福岡チータ小学部はここ1ヶ月で猛練習して必ず4月の大会で結果を出したいと思っています。

私はポンコツ監督ですが、選手である子供たちは超一流選手ばかりです。

控えの選手、低学年の選手も一流が揃っていると私は自慢できるくらいの選手層です。

 

弱いチームでレギュラーになるより強いチームで控え選手になった方が絶対に得るものが大きいと思っています。

今日、たまたまお問合せが多数ありましたので、ここでもお電話で言ったことと同じことを書かせていただきました。

4月からまた多数の小学生たちが福岡チータ小学部に入部してまいります!

これから一緒になって福岡チータ最強時代を創っていこうではないですか!

大賀監督は楽しみに待ってるぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました