監督ブログBLOG

「野球がしたくてもできない子供もおる」心の教育

小学生監督ブログ

先日の練習試合2試合を終えて珍しく、私は長い時間、全選手を集めて話をしました。

 

「今、戦争をしとる国があるよね?お前たちは今、大好きな野球ができてるよね?」

「39500円のビヨンドMAXレガシーというバットを買ってもらっている選手がたくさんいるよね?」

「ミズノとかスラッガーとか良いグラブお父さんとかお母さんから買ってもらってるよね?」

 

ここでは詳しくは書きませんが、野球がしたくてもできない子がたくさんいるということが伝えたかったんです。

貧困国や戦争をしている国、まともにグランドもない、道具もない国はたくさんあります。

また日本でも母子家庭などで野球をさせたくてもさせてあげられないご家庭も多くあると聞いております。

ちょっと前の話になりますが、福岡チータ小学部に入部するある親御様に

 

「ユニフォーム、中古なら4000円で比較的綺麗なのがありますよ」

 

みたいな話をしたことがあるんですよね。

でも、その親御様は

 

「息子には頑張って欲しいし親としてそこはお金を出してあげたい」

 

とおっしゃったんですよね。

素晴らしい親御様ですよね。

私の中でその時のやり取りを今でも鮮明に覚えていて、これから先もずっと忘れることはないと思います。

その時のやり取りも子供たちの前で話をしました。

 

「何でお父さんとお母さんは高いバットを買ってくれたり、高い月謝を払ってくれたり新品のユニフォームを買ってくれてるかわかるか?」

 

そんな話をずっとしました。

子供たちに変わって欲しい!

そして、野球バカだけにはなって欲しくない!

6年生には卒部する前にもっともっと大事なことを伝えたい!

 

そう思って、いろいろな話をしました。

今週末から変わった子供たちが見れることを願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました