監督ブログBLOG

「それって反則よね?」

小学生監督ブログ

先日、低学年は準優勝しましたが選手も保護者も監督も一切笑顔なし。

みんな高いゴール地点を設定されているご家庭・お子様が多いからだと思います。

よくインタビューとかで「悔いはないです」という清々しい答えをするのが一般的ですが、私はインタビューされたら

 

「後悔しかない。エースを最初に投げさせていたら・・・内野をもっとこうすれば・・・もっと子供たちを注意してやったら良かった・・・初戦を〇〇君に投げさせて決勝を〇〇君にすれば良かったかな・・・」

 

とかダラダラと答えていたとおもいます(笑)

どっちにしても私の責任なんですけど。。。

さて、その話はここまで!

 

以前、ある大会がありました。

低学年の大会ということでもちろん、福岡チータは4年生以下の選手を出場させますよね。

コロナや家事都合などで福岡チータの低学年選手はぎりぎり。。。

 

あるチームと対戦しました。

対戦前の相手チームの練習風景を見て、私もそうですが、福岡チータの保護者様、選手である子供たちも相手チームを見て違和感を覚えました。

 

「あれ5~6年が数名入ってるよね」

「あれは4年生ではないよ」

 

と私は保護者様数名を話をしました。

その試合、福岡チータ小学部(低学年)が勝利することができました。

もちろん、相手チームにも本部にもクレームなど私は一切入れてないですよ(笑)

で・・・その翌日に判明しましたけどやっぱり6年生だったようです。

他にも・・・

これ以上は書きませんけどね。。。

 

私は勝利への執念はもちろんあります。

ただ、そこまでして勝ちたいとかはないです。

ルール違反という前に呆れたというか言葉がないです。。。

 

先日の決勝戦、福岡チータは主力選手が1回を終わった時点で体調不良になり、1年生を出して、それでも人数が足りないので野球を始めたばかりの4年生を出場させました。

それで選手全員を使い切ってしまいました。。。

1年生の友君は少しでも穴埋めができればと思って、必死に声を出し、打席では相手のエラーを誘う打撃もしてくれました。

素晴らしいと思います。

本当は5年とか6年を出したいですけど、ルールだから出せないですよね。

 

いろいろな少年野球チームがありますが、少年野球って教育の一環だということだと思うんですよね。

不正を行うチームはそのあたりもよく考えた方が良いかな~って思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました